メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト
更新お知らせメール希望
ご希望の方はクリック

2018年12月26日(水)

岡山市東山斎場(アルミ鋳物透かしパネル)

皆さま、こんにちは!
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

傳來工房では全国区でアルミ鋳物製品を納めており、
北海道から九州、沖縄まで納入実績があります。
今回は京都より西に向きます。
京都からは隣の隣、岡山県、岡山市でのお仕事です。

岡山駅から路面電車に乗り継ぎ、「東山」駅下車、
トボトボと坂道を上がると、「岡山市東山斎場」があります。

東山斎場は昭和44年8月に竣工しましたが、
築後40年以上が経過し、経年劣化、耐震性能不足等の為、
この度、全面的な再整備が行われました。

岡山市が出している完成パースがこちらです。

設計/施工は岡山市東山斎場再整備事業特定建設工事共同企業体様
(奥村組様・梓設計様・四電工様・斎久工業様・富士建設工業様)

梓設計様のご担当者から2年前にお問合せを頂き、
円が重なるデザイン図やモックアップにてスタートでした。

このデザインをアルミ鋳物でどう表現するかを検討、
更に、岡山県らしく所々に「桃の葉っぱ」を
透かしレリーフにて表現。

2F、3Fのガラスサッシ前に施工をしました。

透かしデザインなので、裏面の下地金物にも気を使い、
スッキリとフラットバーから意匠的なブラケットで
アルミ鋳物パネルを結んでいます。

意匠はグラデーションに見えるように、パネル部と透かし部の
密度をランダムに変えています。

木型はあくまでも1型なので、上下のパネルを反転させて表現。

壁面のボーダーパネルや

出入口のフィックスパネルとしても使用して頂きました。

斎場にふさわしい重厚感のあるアルミ鋳物。
建築のグレード感をアップするのに非常に適した素材ですね。

2018年11月29日(木)

お寺さんでのアルミ鋳物門扉

みなさま、こんにちは!
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の清水です!

今回のアルミ鋳物メーカー、傳來工房の「探訪日記」は
「大阪市天王寺」からのお届けです!

大阪市天王寺の一角にお寺が集まっている区域があります。

天王寺は、かの聖徳太子の創建と日本書紀に記されているほど
永い歴史のある地域で、江戸時代初期に松平忠明によって
市街に点在していた寺院をこの地に集められた歴史が
現代の街並みの礎となっており、今もその風情を残しています。

さて、今回この天王寺に数多あるお寺の一山のご住職様から
弊社にお声を掛けて頂きました。

お寺の入り口に立派な山門があるのですが、
鉄扉からサビが出てきてしまい、上からペンキで塗装しても
サビが止まらないとご相談いただき、お困りとのこと。

鉄製の門扉やフェンスはサビが侵食していくと、
倒壊して怪我に繋がる可能性もありますし、何より見た目に朽ちて映るので
折角の山門がみすぼらしく見えてしまいます。


(施工前)

そこで傳來工房のアルミキャストの出番です。

アルミキャストはその軽さ、造形力の多彩さだけでなくサビないという
大きな特性を持っていますので、問題解決にはもってこいの素材です。

ご住職より、ただ新しくするだけでは勿体ないので折角なので
立派な門構えにしたいとオーダーメイドのご要望をいただきました。
オーダーメイドでは一から型を作るので、
お施主様のご希望に沿ったデザインが可能です。

ご住職より基本的なデザインの方向性をお聞きし、
弊社からデザインを三案提案、
そのうち一案を選んでいただきました。


(ご提案デザインA)

(ご提案デザインB)

(ご提案デザインC)

この時点では平面ですが、図案を元に次は木型職人が立体にしていきます。


(キャストサンプル)

このような図案が見事立体で表現されていますね。
仏様が乗られる紫雲のような造形です。
木型制作に入る前に、このようなモックアップでご住職に
立体感のご確認をいただいています。

仏様を感じさせるような門構えになり、
ご住職にも門徒さんが増えるのではとご満足していただけました。


(施工後)


(施工後)

このタイミングで交換できたことは、サビによる危険を解消できますから
安全面でもご安心していただけたかと思います。


☑鉄製の門扉やフェンスから錆が出て困っている。
☑意匠を凝りたいが木製では腐ってしまうので悩んでいる。

このようにお考えの際は、個人の方であっても一度お声かけいただければ
弊社よりご提案させていただきますのでご遠慮なくお申し付けください!

2018年11月13日(火)

各県アンテナショップでのお仕事

皆さま、こんにちは。
アルミキャストメーカー、傳來工房の杉村です。

都内にいながら全国の物産品を購入できる場所が
ありますね。
はい、都道府県が直営している「アンテナショップ」です。

都内を営業で歩いてる最中で、見掛けると
ついつい入ってしまいませんか??

特に有楽町や日本橋エリアはアンテナショップの
激戦地区。
ちょっと歩けば、○○県の銘菓、××府の工芸品と、
日本国内を旅行している気分が味わえます。

さて、今回の探訪日記ではこのアンテナショップでのお仕事を
ご報告致します。

場所は銀座1丁目で有楽町に近いですね。
ショップの名前が
‘IBARAKI sense’

そうです。茨城県のアンテナショップです。

10月25日にリニューアルオープンし、
大井川知事、茨城県出身タレントの白石美帆さん、渡部豪太さん
によるテープカットの模様がHPに掲載されています。
https://ibaraki-sense.com/shop/932/

設計施工はJ・フロント建装様

店内ショップでは茨城県の食品、地酒、工芸品が多く陳列されています。
疲れたら一息つけるカフェも有り、茨城県の旬なフルーツを使った
スィーツも堪能できたたり、

またダイニングもあるので、これまた茨城県産の食材を使った食事が楽しめます。

さて、アルミ鋳物メーカーの、傳來工房がお世話になったのは、
随所に見られるアルミ鋳物製デザイン格子です。

デザインはシンプルですが、交差部等の表現は
アルミキャストならではの美しさが出ています。

格子の大きさが2種、内装部とドアパネルは小さめに
ドアパネルの真ん中には茨城の県花であるバラのロゴをあしらいました。

外部のグリルでは少し大きめの格子としています。
夜にはバックライトが灯り、格子がより浮かび上がります。

さて、なっとう、れんこん、何を買って帰ろうか。。。