メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月30日

追手門学院大学(アルミ鋳物意匠パネル)

アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

京都市の隣町、大阪府は茨木市からアルミ鋳物の施工例をご紹介します。
追手門学院大学でのお仕事です。
芥川賞作家の宮本輝さんが先輩におられます。

設計は三菱地所設計、
施工は大林組


1号館という事務所棟の建替えで傳來工房のアルミ鋳物を御採用頂きました。
お題は、そうです、「桜」です。



基本的なモジュールは幅3m、高さ1.1m
ガラスのサッシから700mm離してアルミ鋳物パネルを設置。
建物の2F、3F部分を四周に渡り覆っています。
その枚数、実に600枚です。



村野藤吾先生の時代にアルミ鋳物は何千屬隼箸錣譴深太咾呂△襪里任垢、
近年で具象的なデザインでこれだけの規模は珍しいです。



室内では春に限らずサクラの影が舞い落ちます。


アルミ鋳物の造形性、加工性、軽量性等、存分に生かされた物件ではないでしょうか。

ちなみに、今回のパネルはここまで完成度を高める為に、
デザインの打合せを何度も行ない、モックアップやサンプルをたくさん作ったり。

また、強度面でも大林組様のご協力を得て

動風圧試験


風切り試験


曲げ試験


それに引っ張り試験も行ない万全を期した製品となっています。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました!!

2009年07月27日

外装リニュアル素材の選択肢

アルミ鋳物アルミキャスト専門メーカーの京都傳來工房専務の橋本昇です。

本来なら7月17日の祇園祭山鉾巡行が終わると梅雨が明けるのが恒例ですが
今年の梅雨は、どうなっているのか・・・

京都夏のもうひとつの歳時記は、8月16日の大文字。
ご存知のように8月はご先祖様を供養するお盆の行事です。

8月12日にお墓参りをして、13日からお精霊さんを家の仏壇にお迎えします。
京都ではそして16日夜の「大文字の送り火」によって四日間帰られていた
ご先祖様のお精霊をお見送りします。

さて、お取引先や知人からこの蒸し暑い夏に上洛され、
何をお土産に買えば良いかよく尋ねられますが
私はこの季節には、お盆もあるので上質なお香をおすすめしています。

そう言えば、薬師寺の名物管長だった故高田光胤さんが
「仏様の好物をご存知ですか?それは、お香ですよ。
お参りする時には、良いお香を沢山焚いてあげてください。」と
あの名調子の講話で話されていたことを思い出します。

京都には、老舗の香木屋さんやお香屋さんが沢山ありますが
もちろんおすすめのお店は

香老舗 松栄堂 さん(しょうえいどう)  

烏丸二条上ルAM9:00〜PM7:00
(土曜・日曜・祝日はPM5:00 まで)


今回は、この松栄堂本店RC造6Fの外装リニュアルを
アルミ鋳物アルミキャストでお手伝いした傳來工房の仕事の紹介です。



設計:奥野建築事務所
テクスチュアー模様は、もみ和紙の凹凸をアルミ鋳物で復元しました。

あまり知られていませんが外装リニュアルには、
コーナーや軒天の出隅入り隅など役物対応が自由にできる
アルミ鋳物外装をご存知の建築家は少ないのでは?

ぜひ、外装リニュアルにはアルミ鋳物、アルミキャストも選択肢にどうぞ!

《クイズ》
京都に来るなら「大文字」検定

大文字は五山(ござん)の送り火と言われますが、
山に文字や絵にして灯火されるのは6つです。

大文字、左大文字、妙、法、船形
そして最後のひとつは何でしょうか?

答えは、鳥居です。