メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月30日

坂本竜馬ゆかりの地

今回のアルミ鋳物メーカー、傳來工房「探訪日記」は
京都市内の南に位置する伏見区へやってきました。
この伏見区は良質で豊富な水に恵まれており、兵庫県の灘と並んで、
古くから酒蔵の街として栄えている街で、
酒造メーカーが今でも何十社も密集しています。

また街並みの保存も積極的に行われているようで、
昔ながらの酒蔵がそのまま残っており、
映画のロケなんかでもよく使われる場所です。

私が撮影に行った朝も何かの撮影が行われていました。
遠くの方からカメラに向かって役者さん(?)が歩いて来てはります。
近くに来るまで見てたんですが。。 う〜ん、誰か分かりましぇん。

さてこの酒蔵の街にもうひとつ名所があります。
坂本竜馬襲撃で有名な「寺田屋」です。

竜馬が夜に襲撃される前に、風呂に入っていたお竜が気付き、
裸のまま階段を駆け上がり、「あなた!はよ逃げて!!」
と竜馬に知らせた事で有名ですね。
あなた、はよ逃げて!と実際に言ったのかどうかは分かりませんが、
だいたいそのようなところでしょう。
私ならそう言います。

この寺田屋、実際は焼失してしまったのを場所を少し移し、
再建されたものとの見解が京都市によってなされています。
内部の見学は出来るのですが、刀剣の跡とか、お竜が入っていたお風呂とか、
これって後付け?って事ですか??

さぁ、ようやくアルミ鋳物メーカーの傳來工房の仕事の登場です。
この寺田屋から東へ10メートル。
ほうらい橋という小さい橋が有ります。
昔は船着場で、大阪や京都の三条からの商船が行き来していたところです。
欄干の上に乗っている灯篭がアルミ鋳物製で傳來工房作となります。

細かなところで意匠デザインがなされており、
表面には「うさぎ」のレリーフが付いています。
原型は粘土で製作して、アルミ鋳物にしたうさぎです。

灯篭なので当然に夜のほうらい橋も綺麗です。

これから春に向かい、観光シーズン到来の京都。
竜馬ツアー、或いは酒蔵ツアーの際にはアルミ鋳物メーカー、
傳來工房の仕事にも目を留めてやって下さい!!

2012年01月12日

新西宮ヨットハーバー

デザインアルミ鋳物専門メーカーの京都傳來工房専務の橋本昇です。

新年あけましておめでとうございます。

本年の仕事初めに神戸方面に行った時、
ヨットハーバーの仕事を思い出しロケしてきました。

「新西宮ヨットハーバー」

歴史ある西宮ヨットハーバーが阪神高速湾岸線建設に伴い、
沖の埋立地に東洋最大のハーバーが出来た。
それがこの《新西宮ヨットハーバー》です。

久しぶりにこのハーバーに行ったが
一艇数千万円から数億円はすると思われる国際レース級の
素晴らしいヨット、クルーザーが何艇あるのか分からないくらいの規模に驚く。


それだけにこのハーバーに係留されるスーパークルーザーのセキュリティは
桟橋からオーナー関係者しか入れないように計画された。

そのセキュリティ付きのデザイン扉をわが傳來工房がお手伝いした。

《アルミ鋳物製 アクリルウレタン樹脂塗装》

逆光の為、意匠がわかりにくいですが
施主の新西宮ヨットハーバー衢預Δら
兵庫県花の《野路菊 のじぎく》モチーフの要望とり入れました。


《アルミ鋳物製 アクリルウレタン樹脂塗装》

このアルミ鋳物製のデザイン扉が、
ずっと続く桟橋のバース入り口全箇所に施工されています。


あらためて、
アルミ鋳物の素晴らしい仕事のお手伝いをさせていただいたことに

感謝です!

《余談》
この新西宮ヨットハーバーの我社の施工初日にあの阪神大震災がありました。

当時の事を思い出すと胸が痛みますが、あれから17年、
悲惨な現地を知っているだけに、現在の素晴らしい復興の姿に
驚きと感激すら覚えます。

そして、東日本大震災による東北地区の一日でも早い復興を
心からお祈りいたします。 合掌