メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2012年09月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月22日

アルミ鋳物格子意匠天井

デザインアルミ鋳物専門メーカーの京都傳來工房専務の橋本昇です。

暑かった京都もさすがに、朝夕に秋の訪れを感じる季節となりました。
それと同時に世界中から観光客が京都に来られ、いよいよオンシーズン。

今回は観光や名所旧跡ではなく
珍しく京都市内オフィス街の傳來工房仕事の紹介です。

京都のビジネスの中心地、四条烏丸。(しじょうからすま)

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、住友信託銀行などが
交差点角の一等地を固めます。


《三井住友銀行京都支店》

《三菱東京UFJ銀行京都支店》

その南西角に位置する住友信託銀行がある
「四条烏丸ビル」に傳來工房の仕事があります。


《四条烏丸ビル》
設計:日建設計大阪

この建築の1F吹き抜け「格子天井」をアルミ鋳物でお手伝いいたしました。


《意匠格子天井 材質:アルミ鋳物 仕上:アクリルウレタン樹脂塗装》

アルミ鋳物が採用された理由は、
断面形状や割付けが自由で
耐震性のある意匠天井が施工出来ることです。

自由な造形性のあるアルミ鋳物の内外装、
そして天井など新しい使い方に《ものづくり》として期待しております。

《あとがき》お時間があれば、どうぞ

本日10月22日、素晴らしい晴天の中、
京都三大祭りである「時代祭」が行なわれました。

このお祭りは、皆さんご存知の「啼くよウグイス、平安京」の794年の
10月22日に長岡京から平安京に遷都された日を記念して
明治28年に始まりました。

祭りの内容は、明治維新から江戸、安土桃山、室町、吉野、鎌倉、
藤原、延暦と8つの時代をタイムマシンのように逆戻りしながら、
牛や馬を含む総勢約2000名で構成される時代仮装行列です。


綿密な時代考証を重ねられた衣装、祭具、調度品は
京の伝統の技をもってそれぞれの時代を細部まで再現されており、
その豪華絢爛な行列はまさに“生きた時代絵巻”です。


2012年10月11日

ヴィラス星ヶ丘

みなさん、こんにちは!
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村ですっ。

毎月、専務の橋本と1物件づつ掲載を重ねて参りました
「探訪日記」もはや7年目です!
多くの物件を掲載してきましたが、傳來工房の実績数は底無し!?
傳來工房1200年の歴史から言えばヒヨコ以下です。たまごです。
まだまだいきまっせ!

さて、今回は名古屋、そう名古屋ですっ!
お約束のみそカツ定食で腹を満たし、向かったのがヴィラス星ヶ丘。

名古屋市名東区扇町に竣工した第一期分278戸の大型マンションです。

デベロッパーは大京
設計はIAO竹田設計

アルミ鋳物メーカーの傳來工房ではアルコーブやポーチの標準門扉を
持っており、過去十数年間ご愛顧頂いております。

門扉HPです ↓
格子コレクション
格子コレクション2(ハンマートーン)


今回物件では格子コレクション2を使い、
外構部フェンスとしてお使い頂きました。


標準の門扉は高さが1000伉度なのですが、
これを縦に2枚、溶接にて繋いでフェンスにします。
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の加工技ですね。


高さはフェンス本体で2000
表面には重厚感のあるハンマートーン模様。


周囲のなが〜いフェンスでは無く、チョイ使い。
しかし、このチョイ使いが実に効いてます。
アルミ鋳物をチョイと使う事で建物のグレード感がアップ。
既存の型材では表現できない「重さ」が
醸し出された使い方ではないでしょうか。