メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2013年08月 | メイン | 2013年10月 »

2013年09月24日

新商品! アルミ鋳物製フェンスです!!

今回のアルミ鋳物メーカー、傳來工房の探訪日記では
新商品をご紹介しようと思います!

今までにマンション用ポーチ門扉「格子コレクション」シリーズ、
大型プランター、そしてボラードと
シンプルなデザインでありながら、
アルミ鋳物の持つ重厚感を醸し出せる商品をデザインしてきました。

そして今回もシンプル、モダン、且つ重厚感を重んじる商品として、
アルミ鋳物製フェンス「キャストフェンス コレクション」を発表致しました!!

皆さん、お困りではありませんか??
「アルミ鋳物フェンスは他にも有りますが、モダンさに欠ける。」
「型材はモダン、シンプルさを強調出来るが、重厚感が少しなぁ。。」
「支柱の納まりは意匠上キレイにまとめたいのだが。。。」

と言う皆様のお声をもとにデザイン、ディテールを詰めて参りました。
標準のサイズはW1492弌H1900弌

縦格子は見付け8mm、そして見込みを40个箸辰討い泙后

アルミ鋳物製なので、縦桟と横桟が前後に交わるのではなく、
一体鋳造のグレード感が有ります。

そして専用支柱。


通常は型材等を用いるのですが、デザイン性を重視して
支柱もアルミ鋳物製でご用意しました。
フェンス本体とデザインを合わせているので
正面はもちろん裏面からでもデザインを崩さないようにしました。

支柱と本体パネルとのジョイント部にも注目して下さい。
正面、裏面からボルトやビスが目立たない設計です。


ファサード部等の目立つ場所にポイント使用すれば
建物のグレード感はグッとアップするハズです!!

カタログをご用意致しましたので
ご入用の方はドシドシと下記、「杉村」までお問合せ下さい!!

杉村アドレスです!
sugimura_osa@denrai.co.jp

2013年09月20日

2020年 東京五輪決定!

京都の傳來工房専務の橋本昇です。


2020年 東京五輪決定!

今月は、2020年オリンピック東京開催決定で
日本中がヒートアップしましたが、
ようやくマスコミ報道も落ち着いてきました。

選挙前の下馬評ではスペイン優勢の中、
私も今回のプレゼン及び朝5時20分の決定発表まで
固唾を呑み込み、聞き入りました。

今回の最大の成功要因は、もちろん周到な準備もありますが
報道されているように圧倒的なプレゼンテーション力でした。

高円宮妃久子様

世界中を魅了した高円宮妃による英仏語の格調高いスピーチに始まり、
滝川クリステル嬢、安倍首相、そして最後の日本五輪招致委員会の
竹田会長まで、全てのプレゼンターが自らの役割分担を
わきまえたチームジャパンのグッドジョブによる勝利だったと感じます。

安倍首相


チームジャパン


その中、満面の笑みとユーモアを交えながら一般人ながらも
英語、仏語のスピ―チされた水野正人氏の事が
あまり紹介されていないのが残念。

水野副会長


カンの良い方はピンときた人も多いと思いますが
スポーツメーカー螢潺坤里硫馗垢任發△
今回の五輪招致委員会の副会長でもあります。

実は水野氏は今回の招致の為に
一般的なロビー活動ではなく、
世界中のIOC委員と長い年月を掛け、友人の輪を広げられた。
IOC委員が来日されたほとんどの委員が
水野氏の自宅で友好を深められた話を聞いた。

我々が初めて聞く水野氏のスピ―チは、
会場のIOC委員には友人として、強く心に届いたと感じる。

その水野氏が社長をされていた頃、
ミズノ本社を淀屋橋から大阪南港に移された。

その時、オリンピックをもう一度日本に!という思いを
ぜひ形にしたいと日建設計大阪本社及び
我々傳來工房に相談があった。

そして、とてつもなく大きな光のモニュメントとして完成した。

メインロビー4階吹き抜けにそびえ立つ
高さ15mの現代彫刻のモニュメントです。

作品名    :  炎
プロデュース: 水野正人
デザイン  : 野島二郎
製作施工 : 傳來工房

東京オリンピック招致が決定した瞬間、このモニュメントが輝いたに違いない。


今、心から思う
《ニッポンには この夢の力が必要だ!》


《余談》 お時間のある方は、どうぞ・・・

ミズノ会長の《オリンピックをもう一度日本で》
という願いのモニュメントをデザインされたのは
彫刻家の野島二郎先生です。

その野島先生に当時
私達傳來工房の「ロゴ」をその頃デザインをしていただきました。

DENRAIの《D》
DESIGNの《D》
DREAMの《D》をデフォルメされたそのデザインを
現在も、社章として社員一同愛用させてもらっています。

萌黄色(もえぎいろ)  成長発展
今様色(いまよういろ) 現代・コンテンポラリー

傳來工房が2020年東京オリンピックとなんとなく?繋がっているようで嬉しい。