メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2014年02月 | メイン | 2014年04月 »

2014年03月25日

プラウド千代田富士見レジデンス

皆さま、こんにちは。
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

今回の「傳來工房の探訪日記」は
春の陽気に浮かれて
東京は飯田橋から徒歩4分。

「プラウド千代田富士見レジデンス」にやって参りました。
プラウドと言えば野村不動産様ですね。

都心のど真ん中、千代田区富士見町にて
ハイグレードな高層マンションをこの度建築されました。

この富士見町は学校や大使館が多く集中する場所でもあり、
昔は武家屋敷が多く点在し、富士山が綺麗に見えたとの事。

デザイン監修は西山建築デザイン事務所
施工は前田建設工業

アルミ鋳物メーカーの傳來工房がお世話になったのは
エントランスホールの壁、そして天井に繋がる
アルミ鋳物です。

パネル全体の横幅は5,700弌
そして壁面の高さが1800

デザインのピッチは約300个箸覆辰討い泙后
表面は鍛鉄に使われる「叩き模様」が入っています。

今商品で特に難しかったのが、壁から天井に繋がる
アールパネル部分です。

通常であれば別に1型製作をして、鋳造するのですが、
今回は平パネルをアール曲げして加工を施しました。

ん〜、なかなか綺麗に出来とる。。
と、自画自賛。

裏面から間接照明にてシルエットが強調されており、
マンションのロビーが高級ホテルみたいになっています。
アルミキャストは決して安価な素材では無いのですが、
意匠の「カナメ」にほんの少し使用する事で
建物のグレード感に高付加価値を付してくれます。

ドシドシお問合せを!!