メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2016年01月 | メイン | 2016年03月 »

2016年02月29日

京都駅ビル(アルミ鋳物製行灯)

みなさん、こんにちは!
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

先日、散歩をしていたら綺麗な梅の花を発見。

まだまだ朝晩は冷えますが、確実に「春」が来ていますね。

さて、春と言えば京都では観光シーズンが到来です。
京都観光で多くの方がスタート地点とされる場所
それは「京都駅」ですね。

京都では景観条例の高さ制限が設けられており、
市内中心部では60mを超える建築物は基本的に建てられないため、
高さを60m以下に抑えてはいるものの、
横に470mと横長の駅ビルとなっています。

当時、京都仏教会や市民団体からの猛反発を受けながらも建築が進み、
京都の玄関口として1997年に開業しました。

さて、京都駅ビルの中には伊勢丹や、京都劇場、グランヴィアホテル等、
様々な店舗が入っていますが、
今回、アルミ鋳物の傳來工房が改修工事にてお世話になりました。

それが、「京都おもてなし小路」です。

お施主様はジェイアール東海関西開発様

場所は京都駅南側の新幹線口である八条口に開店です。
より京都らしさを感じられるようにと改装されたレストラン街は、
瓦屋根、出格子(でごうし)、犬矢来(いぬやらい)など
京町家風な外観に生まれ変わりました。

この各店舗様の軒を飾る行灯が、傳來工房製です。
よく京都の街では老舗のお店等がこの行灯を使っておられますね。

例えば。。。こんなのです。

通常は高さ600伉度のサイズで、銅版等を打って製作されています。
しかし、今回は駅ビル内の店舗ということで
サイズを縮小(高さ400弌法∩悩爐皀▲襯瀉鯤を使い、
仕上げにはブロンズ緑青風の塗装を施しています。

ズラッと並んだ行灯は町屋風デザインに溶け込み、
お客様の暖かいおもてなしの気持ちでお迎えいたします。

京都へお越しの際は是非、お立ち寄りください!!

2016年02月25日

銀座の仕事

アルミキャスト意匠鋳物専門メーカーの傳來工房副社長の橋本昇です。
先日、久しぶりに銀座に行く機会があり最近の傳來工房の仕事を見てきました。

新しくなった銀座6丁目の資生堂本社ビルに
世界に誇るフレンチレストランがあります。


「L'Osier (ロオジエ)」


資生堂が「美しい生活文化の創造」という経営理念を
食を通して実現するために43年前に銀座にこのレストランを創業されました。
当時から、最高の素材と最高のシェフ、
そして最高のサービスを追求されるお店です。

ロオジエとは「柳」のこと、銀座並木通りのシンボルツリーから屋号が決められた。

新築された資生堂銀座ビルに合わせてロオジエも新装となり、
メインファサードのデザイングリル、デザイン扉、門扉を傳來工房でお手伝いしました。

部位:ファサードグリル 門扉ゲート
素材:アルミキャスト(アルミ鋳物)
製作:傳來工房京都本社

引用された意匠は、バラのように見えますが、
資生堂さんのシンボルマークでもある「椿つばき」をデフォルメし造形いたしました。

素晴らしい仕事のお手伝いができ、大変嬉しく思っております。


ぜひ、一度は最高峰のフレンチ「L'Osier (ロオジエ)」へ!