メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2016年06月 | メイン | 2016年09月 »

2016年08月29日

アルミ鋳物製大型門扉

みなさん、こんにちは。
アルミ鋳物メーカーの傳來工房、杉村です。

傳來工房では過去、数々の大型門扉を製作してきましたが、
今回新たに都内にてアルミ鋳物門扉の実例が出来ましたので
探訪してみたいと思います。

東京駅から地下鉄を乗り継いでやって来たのが
「市ヶ谷」です。

駅を降りると都内のど真ん中にも関わらず釣り堀が。。

中央線に乗っていると外堀でたくさんの方が
釣りをしている姿が見えますね。
こんなところで釣りが出来るのかぁ〜、なんて思っていました。

この釣り堀を横目に西へ向かうととても大きな敷地が現れます。

これが「防衛省市ヶ谷駐屯地」です。
普段入ることのできない
防衛省内を見学できる無料ツアーもあるようです。
詳しくはHPへ
http://www.mod.go.jp/j/publication/events/ichigaya/tour/

さぁ、門扉ですが、今回は某サッシメーカー様より
門扉用のキャストパネルのご依頼を頂きました。

門扉サイズはW7000×H2000の片引戸です。
隣接して勝手口(W1150×H2000)と共に鋳造しました。

意匠は基本的な角格子
格子のサイズは内寸で45亞僉

厚みは縦桟で40弌横桟で25仄茲辰討い泙后
型材やフラットバーで組んでいくと大変な作業ですね。

官公庁から学校法人、宗教法人と幅広く特注門扉の
ご対応を致します。
参考事例等はたくさんございますので、是非お問合せを!!

2016年08月22日

日本最古の植物園の仕事

大文字の送り火も終わり、少しは暑さも和らぐはずが
今年も京都の残暑は厳しい。

アルミキャスト(アルミ鋳物)によるデザイン門扉、フェンスなど
ランドスケープデザイン製品専門メーカーの傳來工房副社長の橋本昇です。

そんな京都で、日が落ちた黄昏(たそがれ)の北山通りに
傳來工房の仕事を訪ねました。

今回、ご案内するのは《京都府立植物園》

あまり知られていませんが大正13年、92年前に
日本で最初に出来た公立の植物園で
四季を通して楽しむことが出来ます。

私も幼稚園の遠足から知っていますが、とにかく広い。

面積24ヘクタールの広大な敷地に
約12000種類、約12万本の植物が植えられている。

日本の四季の花が見られる花壇や洋風庭園、
熱帯植物を集めた温室がある。

また、北半分は半木(なからぎ)の森と呼ばれる
自然に近い森を利用した生態植物園などがある。

以前は今でも正門のある北大路側しか入口がありませんでしたが
北山通りがオシャレな店が多くなり人通りが増え
時代に合わせて北山門が出来ました。

その時、傳來工房でお手伝いし私が担当いたしました。

傳來工房で鋳造製作施工した大型デザイン門扉です。
ちょうど閉門された時で久しぶりに全容の姿を見る事が出来ました。


京都府立植物園 北山門 大型デザイン門扉
材質:アルミキャスト(アルミ鋳物)
仕上げ:アクリルウレタン樹脂塗装
寸法:W6000×H2000mm
鋳作:傳來工房

この大型門扉上部に、英語表記で
「THE KYOTO BOTANICAL GARDEN」と
風格ある凸文字一体鋳造に出来るのも、アルミ鋳物による良さです。

この他にこの植物園には、デザインベンチやデザイン照明など
数多くの仕事を傳來工房でお手伝いいたしました。


デザインベンチ
材質:アルミキャスト(アルミ鋳物)
仕上げ:アクリルウレタン樹脂塗装
鋳作:傳來工房

この暑さも夏休みまで。

晩夏、初秋の素晴らしい季節に、ぜひご入園ください。

2016年08月01日

アルミ鋳物製モダンなプランター

アルミ鋳物 大型プランター
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

今回の探訪日記ではアルミ鋳物製の
プランター施工例のご紹介をいたします。

ボウル(お椀形)タイプのプランターを初めて施工したのが
明治安田生命大阪梅田ビルで16年前です。

見せるプランターの設置例として、今でも新鮮な環境デザインですね。

さて、こちらは六本木ヒルズです。
けやき坂には森ビルさんの為のオリジナルプランターがずらっと並んでいるのですが、
少し通りを入った店舗スペースや西の通り沿いに
傳來工房のアルミ鋳物プランターがあります。

次は大阪へ帰ってきて、グランフロント大阪です。

特注の大きなアルミ鋳物プランターが有ったり。。

コーンH900がズラッと並んだりしております。

グランフロント大阪を南下すれば、御堂筋沿いにもアルミ鋳物プランターが

BOWLの1200φが大きな交差点の緑地帯に置かれています。


続いてマンションでの使用例をご紹介です。

名古屋はプラウド覚王山です。

CONE1200タイプが外構の水景の中に。

歩道際には900φのBOWLを設置。

ザ・タワー&パークス溝の口では。。

正面入口の意匠として600φの小ぶりなBOWLプランターを。


シティタワー天王寺グランではスクエアも使用しました。

並べたり、1ヶ所にまとめたりすれば
より一層綺麗です


この他にも合同庁舎やゴルフ場、大学等の学校法人、病院と。。
そのシンプルで飽きの来ないデザイン性と、
アルミ鋳物の重厚感があちらこちらで受け入れられています。

どれどれ?とお感じになった方は弊社ホームページまで!

アルミ鋳物プランター 「プランターコレクション」
http://www.denraikohbo.jp/bronze/plantercollection.html