株式会社傳來工房

環境整備ブログ

環境整備ブログ

新商品開発部 センターテーブル3定

こんにちは。新商品開発部の北村です。

3月に事務所のレイアウト変更をしました。「 クリエイティブな仕事をするには集中する環境が必要 」という副社長からの指示のとおり、自分の世界に入り込めるようパーテーションに向かって仕事ができるレイアウトを目指しました。一方で 「 商品開発はコミュニケーションが大切 」という意見もあり、皆が振り返るだけで打ち合わせができるようにセンターテーブルを配しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこのテーブルを3定しましたのでご紹介しようと思います。そもそも、3定というのは「 定位置 」「 定品 」「 定量 」のことで傳來工房の環境整備には切っても切れない言葉です。言い換えると、必要なもの=「 定品 」が必要な場所=「 定位置 」にいつでも必要最低数=「 定量 」あるということなんです。必要なものをわざわざ取りに行かなくてもいつも使う場所の近くにある。 これって便利ですよね。

例えばテーブルの奥のベージュ色の部分。 ここにはカッターマットが貼ってあるのでカッターを使う作業をしたい場合はそこに行くだけ。 カッターマット部分が蓋になっていて中にはカッターや定規、両面テープなどがしまってあります。便利でしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 手前の部分には業務上必要なデータをまとめた 「データ一覧表」や「 油性マジック 」「穴あけパンチ」なども皆が使いやすいように「 定位置 」化しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それ以外にも部員間の「連絡ポスト」や「データ印」、デザインする時に見る「参考図書」など皆で出し合ったアイデアでいっぱいです。

IMG_3616 IMG_3620

 今回の3定は普段見学に来られた方がが回られている見学コースから外れた場所にあるレアものです。おそらくこのブログ以外では目にすることができないのではないかと思います。これが最後のお披露目かもしれません!

 

 

このページの先頭へ