image

傳來でんらいの歴史

平安時代、弘法大師(空海)が大陸から持ち帰った蝋型鋳造技術にはじまる、「傳來でんらい」の歴史。

受け継がれる「傳來でんらい」の銘

京都市南区、桂川にほど近い工業エリアの一角に、平安時代から1200年続く傳來工房があります。平安時代というと、京都に都がおかれ、遣唐使によって大陸からさまざまな文化や技術が日本に伝わった頃。まさにその遣唐使の一員であったのが、真言宗の開祖として知られる弘法大師(空海)であり、弘法大師によって密教とともに持ち込まれたのが仏像や仏具などの青銅鋳物、すなわち当時最先端の蝋型鋳造法でした。その高度な技術を会得した優れた職人「御鋳物師」たちにより発足したのが、鋳造技術集団「傳來でんらい」。なかでも最高の技量の持ち主であると認められた一番弟子によって「傳來でんらい」の銘は受け継がれ、それが今日の傳來工房の礎となっています。

image

重要文化財の復元工事まで

西暦805年、弘法大師(空海)により大陸からもたらされた新たな鋳造技術。以来、「傳來」は蝋型鋳造品の銘として、1200年の長きにわたり研さんを積み重ねてきました。なお、今日も用いられている「伝来型」という仏具の形式名は、“大陸風の古典的な様式”を指す言葉であり、銅器の本流を受け継いできた「傳來」と語源を同じくするものです。 鋳造技術は時を経て、意匠の変化や様々な技術的分流を生み出してきました。そんななか、傳來工房では長年培った蝋型鋳造の技術をもとに建築分野へ進出。材料に新たにアルミを用いることで軽量化や自由な加工性を実現し、皇居、官庁、文教施設などの意匠金属工事のほか、重要文化財の復元工事なども数多く手掛けてきました。

image

仏具から現代建築へ。
1200年に培われたものづくりの心で、新たな伝統を創造し続ける。

image image

国内屈指のVプロセスライン

傳來工房では、源流となる蝋型鋳造の技術を伝承する一方で、近代的な機械部品の鋳造、さらには現代的な美術工芸品や建築金物の製造へと進出。昭和47年には建築物の大型キャスト製品の受注生産に対応するため、新鋳造技術・Vプロセスの設備を業界でいち早く導入しました。 国内屈指の規模を誇るこのVプロセスラインにより、これまで蝋型鋳造で培ってきた原型技術・木型技術を近代建築の場で生かすことが可能に。村野藤吾、岡田新一、黒川紀章ら著名建築家をはじめ、彫刻家、デザイナーらのイメージを忠実にかたちにするVプロセスの登場は、まさに美術としての鋳物が私たちの手に届く素材になった証でもあります。傳來工房でんらいこうぼうの鋳造設備についてはこちら

PAGE TOP