image

重要文化財・その他復元工事

重要文化財やその他建築物を傳來工房のアルミ鋳造技術によって復元させた施工実績

皇居(東京都)

正門二重橋前高欄

明治21年皇居御造営時の鉄鋳物をブロンズ鋳造によって完全復元しました。仕上げは傳來工房伝承の青銅緑青発色、年月の経過と共に益々奥深い発色が期待できます。

image image

image

元赤坂離宮迎賓館(東京都)

アルミ鋳物製照明灯〈重要文化財〉

設計:元建設省関東地建・環境庁

イギリスから輸入された鉄鋳物製の照明灯が永年の風雨で腐食した為、当時世界で初めてアルミキャストで約4.5mの長尺照明灯の一体鋳造に挑戦。正門から中門の庭園に40数基を設置し、その後四谷から正門のアプローチとなる都道にもレプリカが両サイドに設置され、迎賓館周辺のランドスケープデザインにも利用されています。

image

龍谷大学 大宮キャンパス(京都府)

アルミ鋳物製門扉/フェンス

修復設計:京都府文化財保護課

大正中期にイギリスのアームストロング社から鉄鋳物製の門扉が設置されました。第2次世界大戦時の軍需供出の難を逃れ、それをお手本として耐候性の高いアルミキャストで完全復元しました。

image

大阪市中央公会堂(大阪市)

ロートアイアン手摺パネル

設計:株式会社坂倉建築研究所

手摺の装飾部を鍛鉄(ロートアイアン)で復元しました。製作には建設当時の手法を考察し、組み立てをしています。

image image

image
image

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

門扉・フェンス・手摺・アーチなど各種特注対応いたします。また、アルミ鋳物のサンプルがほしい。すぐに電話がほしい。詳しい価格が知りたい。鋳造工場を見学したい。などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP