株式会社傳來工房

社長ブログ

社長ブログ

ホールインワン

猛烈に暑い夏が過ぎ、やっと秋らしい日々が続きます。

コロナ禍はまだまだ終息の目途は尽きませんが、いかがお過ごしでしょうか?

くれぐれもご自愛ください。

 

先日の日曜日、取引金融機関の理事長に誘われ、自宅から程近い京都ゴルフクラブへ行ってきました。

その時、同伴者がINの15番で、ホールインワンを達成されました。

その瞬間、祝福で大騒ぎとなったのですが、すぐに現実に戻されました。

京都ゴルフクラブは、セルフプレー専用でキャディーはついていません。

また、運悪く前後の組が、見当たりません。

コースメンテナンスのクラブ職員も探しましたが、いませんでした。

ホールインワン保険に入っていながら、受け取れない事態となってしまいました。

ご本人は、「初めてのホールインワンなので、できただけで納得します。」

と言われていましたが、お気の毒としか言いようがありませんでした。

 

かく言う私も、同じ京都ゴルフクラブでINの17番ショートホールで、ホールインワンをしたことがあります。

やはり同じように保険が出ず、またコンペであったため、大変大きな出費を強いられたことがあります。

今回はコンペでもないので、お気遣いには及びませんと言いましたが、やはり気にされるでしょう。

 

同伴者が、ホールインワンをされるのは三度目です。一度目は、やはりコンペで盛大なお祝いをされました。

二度目は、クラブ競技に出ているとき、たまたま同伴となった見知らぬ人が達成されました。

その時は、『お気遣い無用』と言っているのに住所まで書かされましたが、無しのつぶてでした。

 

私自身も三度ホールインワンを達成しています。

一度目は、先ほど言った京都ゴルフクラブ。

二度目は、嫁さんと行ったハワイ島の、ワイコロアゴルフクラブのビーチコースの2番です。

その時は嫁さんとと2人きりでのプレーでした。海外でのプレーですのでもちろん保険は出ません。

2人でささやかにお祝いしました。

 

三度目は、琵琶湖カントリークラブ、三上コース8番で、しかも6組のコンペで達成しました。

この時は、保険金を50万円いただき、盛大にお祝いコンペや記念品を配りました。

調子に乗りすぎ、だいぶん赤字が出ましたが、納得しています。

その三度は、長年ホールインワンが出たことが無かったのに、3年の間に続けて3回達成しました。

それから5年ほど経っていますが、その後一度もありません。何かそういう運勢の波があるのかもしれません。

同伴者がエージシュート(年齢よりも低いスコア)を達成されたのも一度あります。これは、運ではなく実力です。

保険はおりませんが、私も一度はやってみたいものです。

このページの先頭へ