メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2018年01月 | メイン | 2018年05月 »

2018年03月29日

お寺さんのお仕事

こんにちは!
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

いきなり温度が上がって、営業中でもハンカチを額に当てる機会が増えました。
先週末は都内をあちこち移動していましたが、

ちょうど桜が本当に綺麗で、道行く人は立ち止まり、
アマチュアカメラマンは大きなカメラを抱えてベストポジションを狙い。。
という光景が随所で見られました。

さて、アルミ鋳物メーカー、傳來工房、
今回の「探訪日記」は東京都は北区にやってまいりました。

アルミ鋳物メーカー、傳來工房は歴史を辿るとその起源は
1200年前の平安時代にさかのぼります。
当時はアルミ鋳物ではなく、ブロンズ鋳物製品、香炉や五具足を
東寺さんや西本願寺さんへ納めていました。


お寺さんとのつながりは減ってはきたものの、
平成になった今日も神社仏閣関連のお仕事は頂いており、
大小関わらずお世話になっています。

今回ご紹介は正光寺さんという浄土宗のお寺さんです。
山門からして厳かな雰囲気ですね。

さて、アルミ鋳物メーカー、傳來工房がお世話になったのは
築地塀に等間隔に設置している透かし角格子パネルです。

サイズはW1800×H1000
角格子の大きさで100角くらいです。
型材では表現できない、凹凸が太陽光のもとで陰影となって綺麗です。

お寺さん境内の様子が垣間見れたり、風通しも良さそうです。

春を感じる花と寺社建築、そして角格子がいい塩梅で癒合しています。

石畳には桜がもう散っており、花びら絨毯状態です。
まだ踏まれておらず、思わず見とれて撮影してしまいました。

お寺さんでのお仕事は他にも山門やご本尊前扉、
三方、宝珠台、梵字銘板などなど。。
数多く実績がありますので、ご計画がある際にはお声がけください!!

さぁ、週末です。京都でも桜堪能してきます!

2018年03月02日

京都の結婚式場

みなさん、こんにちは。
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

今回の「探訪日記」は
京都市役所駅前から徒歩2分の地に佇む結婚式場
「ザ オーク ガーデン THE OAK GARDEN」をご紹介します。

ザ オーク ガーデン THE OAK GARDENのホームページはこちらから

情緒も残る木屋町沿い。
式場の前には「一之船入」という名所があります。

昔、伏見の酒処から碾鸚遒鯀名紊靴同燭个譴榛櫃料ッ紊場です。

そして、式場の裏手はすぐに「鴨川」です。

鴨川から彼方には大文字山や延暦寺境内である比叡山が望める好立地。

今回、リニューアルオープンされるにあたり、
アルミ鋳物メーカーの傳來工房がお仕事をしました。

式場の入り口から望むとこんな感じ

分かりましたか?
そうです、ガラスの面に施工されているデザイン透かしパネルの
お手伝いをしました。

お施主様からご希望のデザインを頂き、アルミ鋳物にて製作。

全体で12分割ですが、1枚ものに見せる為にパネル同士は
切り欠かかれており、重なる仕様としています。

陽光でのシルエットもきれいに。。

朝と夜とでは表情が変わりますね。

そして最終の仕上はベースを金色で塗装した後に、
黒のチラシ塗装でエイジング風に施しています。

鴨川沿いでパーティー、比叡山を望みながらの結婚式。
最高のシチュエーションなので、
「京都で結婚式」、いいじゃないですかっ!!