メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

メイン

2016年08月29日

アルミ鋳物製大型門扉

みなさん、こんにちは。
アルミ鋳物メーカーの傳來工房、杉村です。

傳來工房では過去、数々の大型門扉を製作してきましたが、
今回新たに都内にてアルミ鋳物門扉の実例が出来ましたので
探訪してみたいと思います。

東京駅から地下鉄を乗り継いでやって来たのが
「市ヶ谷」です。

駅を降りると都内のど真ん中にも関わらず釣り堀が。。

中央線に乗っていると外堀でたくさんの方が
釣りをしている姿が見えますね。
こんなところで釣りが出来るのかぁ〜、なんて思っていました。

この釣り堀を横目に西へ向かうととても大きな敷地が現れます。

これが「防衛省市ヶ谷駐屯地」です。
普段入ることのできない
防衛省内を見学できる無料ツアーもあるようです。
詳しくはHPへ
http://www.mod.go.jp/j/publication/events/ichigaya/tour/

さぁ、門扉ですが、今回は某サッシメーカー様より
門扉用のキャストパネルのご依頼を頂きました。

門扉サイズはW7000×H2000の片引戸です。
隣接して勝手口(W1150×H2000)と共に鋳造しました。

意匠は基本的な角格子
格子のサイズは内寸で45亞僉

厚みは縦桟で40弌横桟で25仄茲辰討い泙后
型材やフラットバーで組んでいくと大変な作業ですね。

官公庁から学校法人、宗教法人と幅広く特注門扉の
ご対応を致します。
参考事例等はたくさんございますので、是非お問合せを!!

2016年08月22日

日本最古の植物園の仕事

大文字の送り火も終わり、少しは暑さも和らぐはずが
今年も京都の残暑は厳しい。

アルミキャスト(アルミ鋳物)によるデザイン門扉、フェンスなど
ランドスケープデザイン製品専門メーカーの傳來工房副社長の橋本昇です。

そんな京都で、日が落ちた黄昏(たそがれ)の北山通りに
傳來工房の仕事を訪ねました。

今回、ご案内するのは《京都府立植物園》

あまり知られていませんが大正13年、92年前に
日本で最初に出来た公立の植物園で
四季を通して楽しむことが出来ます。

私も幼稚園の遠足から知っていますが、とにかく広い。

面積24ヘクタールの広大な敷地に
約12000種類、約12万本の植物が植えられている。

日本の四季の花が見られる花壇や洋風庭園、
熱帯植物を集めた温室がある。

また、北半分は半木(なからぎ)の森と呼ばれる
自然に近い森を利用した生態植物園などがある。

以前は今でも正門のある北大路側しか入口がありませんでしたが
北山通りがオシャレな店が多くなり人通りが増え
時代に合わせて北山門が出来ました。

その時、傳來工房でお手伝いし私が担当いたしました。

傳來工房で鋳造製作施工した大型デザイン門扉です。
ちょうど閉門された時で久しぶりに全容の姿を見る事が出来ました。


京都府立植物園 北山門 大型デザイン門扉
材質:アルミキャスト(アルミ鋳物)
仕上げ:アクリルウレタン樹脂塗装
寸法:W6000×H2000mm
鋳作:傳來工房

この大型門扉上部に、英語表記で
「THE KYOTO BOTANICAL GARDEN」と
風格ある凸文字一体鋳造に出来るのも、アルミ鋳物による良さです。

この他にこの植物園には、デザインベンチやデザイン照明など
数多くの仕事を傳來工房でお手伝いいたしました。


デザインベンチ
材質:アルミキャスト(アルミ鋳物)
仕上げ:アクリルウレタン樹脂塗装
鋳作:傳來工房

この暑さも夏休みまで。

晩夏、初秋の素晴らしい季節に、ぜひご入園ください。

2016年05月31日

フェンスコレクション(国士舘大学多摩キャンパス)

みなさま、こんにちは!
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

今回の「探訪日記」は東京都下、多摩市へやってきました。
多摩と言えば
「住みよさランキング」でも上位に入っており、環境が優れている街。
また「キティちゃん」に会える街でも有名ですね。

ん?しまじろうも、ですか!
子供が小さい頃は大変お世話になりました。

さて、この多摩市でアルミ鋳物メーカー、傳來工房が
お世話になったのが、
「国士舘大学 多摩キャンパス」です。

国士舘大学は世田谷キャンパス、町田キャンパス、多摩キャンパスと3つの
キャンパスが有りますが、多摩は体育学部の活動拠点となるキャンパスです。

キャンパスを入ると学生たちが憩いでいる食堂等が有り、
サッと見回すとすぐに目につくのが。。

アルミ鋳物製フェンス、そして門扉です。
(あくまでもメーカー目線だから目につくというご意見も。。)

新たな教室として整備された計画の中でご採用頂きました。

設計は久米設計様
キャンパス内では現在でも新しい校舎を増設中です。

サイズは開口部でW3000、高さは2000となります。

そこにアルミ鋳物製の縦格子フェンス(フェンスコレクション)、
そしてセミオーダータイプの門扉が設置されました。
今回、新しく「ロングヒンジ」という部材を使用。

シリンダー錠も木型改造で付けられます。(もちろん電気錠もOKです)

スッキリした建築の外観デザインによく合っていますね。

ムクの質感、たっぷりの「フェンスコレクション」
カタログ等、ご希望の方は下記へ!
http://www.denraikohbo.jp/bronze/fencecollection.html

2015年02月21日

アルミ鋳物特注ポーチ門扉

2月は京都では底冷えなどと言う言葉がピッタリの季節ですが
お昼間はポカポカの「ポカ」程度には感じるようになってきましたよっ!

ヨーロッパの伝統工芸の1つに「鍛鉄」があります。
ロートアイアンとも呼ばれ、門扉やフェンス、手摺等に多用されています。
コークスで熱した鉄を叩いて、叩いて、曲げて、と造り込んでいく手法です。

ヨーロッパで流行り、日本にもその技法は入ってきましたが、
日本では主に農耕具や日本刀で
この「鉄を叩く」という技法が使われました。

さて、アルミ鋳物メーカーの傳來工房ですが、
「叩き込み」ではなくて、「鋳込み」で商売しております。

今回は「鋳込み」のアルミで
「叩き込み(風)」の門扉を造りました。
(ややこしいですか??)

お世話になった物件は兵庫県、西宮市にて
「ウェリス西宮北口 コンフュール林田」です。

デベロッパーはNTT都市開発株式会社
設計は浅井謙建築研究所株式会社

アルミ鋳物のポーチ門扉を特注で製作させて頂きました。
アルミで表現する事により、「軽く」、且つ「錆びない」門扉となります。


叩き込みでよく使われる、ネジリ、小タタキを
アルミ鋳物にて表現。

取っ手もデザインを合わせた小タタキ仕様です。

吊元は有効開口を取る為にピボットヒンジ仕様としています。

型物なので抜けのテーパーさえ注意すれば
どんなテクスチャーも表現可能です。

ヘラと粘土を貸し出しますので、造型チャレンジ!してみませんかっ?

2013年11月25日

アルミ鋳物 大型門扉です

皆さま、こんにちは!
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

師走を目前にして、クリスマス準備が見られるようになってきました。
この間、都内の地下鉄に乗っていると車内広告で
こんなん見つけました。

ディズニーリゾートさんです。
雪だるまはそれぞれホンモノのニットで繋がれています。
思わず、「カワイイ!」と目の中に星をキラキラさせた51歳のオッサンです。

さて、今回の探訪日記ですが、都内からもう少し東へ、
茨城県は取手市にやって参りました。

もともと取手市野々井中学校という公立学校が
統廃合で無くなり、跡地を江戸川学園が購入。
建物を改修工事して来年春に
「江戸川学園取手小学校」として開校します。

改修工事の設計は山下設計、ゼネコンは三井住友建設

アルミ鋳物メーカー、傳來工房がお世話になったのは
門扉、そしてフェンスです。

門扉は両開きでW8000×H1700〜2200あります。
スチール枠の中にアルミ鋳物の面格子をはめ込んで
デザインをしています。

見付けが12〜15mm、そして見込みが40〜60mmと
アルミ鋳物のムクの質感バッチリです。

同じデザインで通用口に片開き門扉、そして
門扉に続くフェンスにもご使用頂きました。

また、門扉を支える支柱の上部、
これは照明灯なのですが、この枠にもアルミ鋳物が。。

春になればピカピカのいちねんせぃ〜(古っ!!)が
この門扉の横を通学するのですね〜

2013年09月24日

新商品! アルミ鋳物製フェンスです!!

今回のアルミ鋳物メーカー、傳來工房の探訪日記では
新商品をご紹介しようと思います!

今までにマンション用ポーチ門扉「格子コレクション」シリーズ、
大型プランター、そしてボラードと
シンプルなデザインでありながら、
アルミ鋳物の持つ重厚感を醸し出せる商品をデザインしてきました。

そして今回もシンプル、モダン、且つ重厚感を重んじる商品として、
アルミ鋳物製フェンス「キャストフェンス コレクション」を発表致しました!!

皆さん、お困りではありませんか??
「アルミ鋳物フェンスは他にも有りますが、モダンさに欠ける。」
「型材はモダン、シンプルさを強調出来るが、重厚感が少しなぁ。。」
「支柱の納まりは意匠上キレイにまとめたいのだが。。。」

と言う皆様のお声をもとにデザイン、ディテールを詰めて参りました。
標準のサイズはW1492弌H1900弌

縦格子は見付け8mm、そして見込みを40个箸辰討い泙后

アルミ鋳物製なので、縦桟と横桟が前後に交わるのではなく、
一体鋳造のグレード感が有ります。

そして専用支柱。


通常は型材等を用いるのですが、デザイン性を重視して
支柱もアルミ鋳物製でご用意しました。
フェンス本体とデザインを合わせているので
正面はもちろん裏面からでもデザインを崩さないようにしました。

支柱と本体パネルとのジョイント部にも注目して下さい。
正面、裏面からボルトやビスが目立たない設計です。


ファサード部等の目立つ場所にポイント使用すれば
建物のグレード感はグッとアップするハズです!!

カタログをご用意致しましたので
ご入用の方はドシドシと下記、「杉村」までお問合せ下さい!!

杉村アドレスです!
sugimura_osa@denrai.co.jp

2012年08月20日

京都 超勝寺アルミ鋳物門扉

みなさん!こんにちは!
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

今回のアルミ鋳物メーカー、傳來工房「探訪日記」では
地元、京都からです。
地下鉄東西線と京阪電車が交差する場所、「三条」にやって来ました。
賑やかな場所で、南へ少し歩くと祗園や八坂神社、
東北方向は平安神宮を有する岡崎公園、

西へ行けば東海道五十三次の起点である三条大橋を超えて繁華街の河原町、
北西に足を向ければ京都御所等々の非常に観光には便利な場所。

話がそれますが、三条大橋の下に流れる鴨川沿いでは
鴨川等間隔の法則」という得体のしれない法則があるのをご存知でしょうか??

私の時代ではアベック、すなわちカップルですな。
彼らが川べりに見事に等間隔に座ってなごんでる様を京都ではこう呼んでいます。
学生の頃は私も確かに座ってたなぁ。

ということで、京都の風物詩の一つに堂々ランクインされています!
ネットで調べるとたくさん出てきますよ。

さて、話を戻しましょう。
「三条」はこのように名所が徒歩圏内の好立地なのです。
この駅を降りて50mほど北へ向かうと
今回ご紹介するアルミ鋳物メーカー傳來工房の仕事物件が有ります。

超勝寺」というお寺です。

もうお分かりですね。
正面に見えるアルミ鋳物製の門扉がそうです。

お寺の門扉にふいさわしいデザインをアルミ鋳物の造形性の良さで表現です。

メクラ部分と透かし部分を織り交ぜてデザインを行っています。
透かし部分ですが、よくよく見るとかなりディテールに凝っています。

寺紋も色の塗分けをしていますが、アルミ鋳物門扉と一体鋳造です。

塀にはめ込んである透かし面格子もアルミ鋳物製。

門塀の部分にもアルミ鋳物製の透かし面格子を使っており、
門廻りが綺麗におさめられているのではないでしょうか。

2011年09月13日

今、日本で一番注目の動物園!

アルミ鋳物のデザイン門扉、フェンス専門メーカーの
京都の傳來工房専務の橋本昇です。

昨夜、TVを見ていて驚きました。

「今、日本で一番注目されている動物園は?」

皆さん、《北海道の旭川動物園》だと思っていませんか?

私もそう思っていました・・・・

実は・・・

なんと、大阪天王寺動物園!


大正3年(1915年)に開園した日本で3番目に出来た歴史ある動物園です。

大阪地元の子供達の遠足などの一般的な動物園として利用されていましたが
平成7年(1995年)に爬虫類生態館のオープンを機に、
檻の中でなくジャングルや草原の中で動物達の息づく姿をみられるように
次々と新しいテーマゾーンをオープンされた。


とりわけ、近年《アフリカサバンナ区肉食動物ゾーン》が完成し
動物園のマニア達の聖地になりつつあるという。


日本経済新聞 4月23日付
生態がよくわかる動物園 なんでもランキング
「サバンナの臨場感に歓声」
旭川動物園に20ポイントの差を付け第一位!

↓ ↓ ↓ ↓ 下をクリックしてください。ランキングが見れます。

《日経新聞ランキング》


とにかく驚くのは、大阪の中でももっとも大阪らしい
色々な商店街が立ち並ぶ通天閣のそばで
アフリカなどの景色を再現しながら動物の生態系を見て
楽しめる工夫がされているのが驚きだ。


紹介が遅れましたが

我々傳來工房は、
この天王寺動物園の大リニュアル工事で
大型の正門ゲートやフェンスなど、色々な意匠金属工事を
アルミ鋳物素材を中心に製作施工の担当いたしました。

《アルミ鋳物正面ゲート 、アルミ鋳物製大型表示銘板》


《アルミ鋳物製 図案入りゲート アクリルウレタン塗装》

ぜひ、熱い天王寺動物園へ!


 
 


《余談》  お時間があればどうぞ・・・

この動物園が大阪の中でも一番のコテコテの通天閣前にあるとは・・・

これは、お楽しみのチャンス!?


その通天閣下の大阪のコテコテジャングルの中の
コテコテの聖地《ジャンジャン横丁》で
帰りは、子供達と一緒に本場の串カツやどて焼きをどうぞ!!


《本場の串かつは、本当に美味い!》


《もちろん、国際的なマナー?ソースの二度づけ禁止!》


《大阪名物 どて焼き 美味い!》

ここは、大人も子供も最高の動物園見学になること間違いなし!


2011年08月30日

アルミキャスト・フェンス

みなさんこんにちは。
アルミキャストメーカー、傳来工房の杉村です。

傳来工房で製作するアルミキャスト製品は、その高い意匠力や技術力より
数々の物件にてお使い頂いてきました。

とりわけ、宗教法人さんや学校法人さんの建築物ではよくお声をお掛け頂き、
現在も近畿で宗教法人さんの施設の内外装でお仕事を頂いております。

さて、今回は都内の某宗施設の外溝にて
アルミキャストフェンス、そして門扉のお仕事のご紹介をします

建物の外観がクラシックで装飾が特徴となっており、
そのデザインを崩さないように、外構のフェンスにも気を配られました。


デザインは唐草を全面に押し出すデザインではなく、
シンプルな中に若干の意匠のあるフェンスを、且つ、メンテもフリーで
とのご希望をかなえるのであれば、
アルミキャストのフェンスしかありません。


アルミキャストメーカーとしてフェンスは得意中の得意分野です。

Wを変える、高さを変える等はよくあるご要望ですが、
今回、ご注目頂きたいのが「勾配対応」のアルミキャストフェンス
となっているところです。

勾配に沿ったフェンスを作る事でデザイン性もアップ。
別型にはなりますが、収まりは非常にキレイになりますね。


このアルミキャストと同じデザインの門扉も製作、施工。
オートヒンジ、シリンダー錠等の加工もお得意です。


2011年05月28日

琵琶湖の意匠

デザインアルミ鋳物専門メーカーの
京都の傳來工房専務の橋本 昇です。


日本最大の湖《琵琶湖》


写真家がこの琵琶湖を描く題材として
必ず選ぶのが琵琶湖独特の漁法《えり漁》

この漁法は、障害物に当たると一定方向に進む魚の特性を利用したもので
四季を通じて色々な魚を捕獲される。

琵琶湖の湖面に映るエリの意匠が美しい。

我々傳來工房はこの意匠をモチーフを元に
立命館大学びわこ・くさつキャンパスの正門をアルミ鋳物で製作しました。


《材質:アルミ鋳物  アクリルウレタン塗装》

アルミ鋳物の大きな特性は、どんな意匠でも一体鋳造で表現できることである。
そして屋外でも非常に強い耐食性は、門扉やフェンスなどに非常に適している。

ぜひ、学校法人や宗教法人のイメージを表す意匠門扉を
アルミ鋳物でお手伝いしたいと願っております。


設計:山下設計  《材質:アルミ鋳物  アクリルウレタン塗装》


《余談》 お時間があれば、ぜひお付き合いを・・・

6月の梅雨時が近づくと落ち着かない。

それは琵琶湖から天然の子鮎の遡上が始まるからです。

鮎釣りで有名な安曇川などは、河川に漁業組合が管理しているため
この子鮎を釣る事は禁じられていますが、琵琶湖北部の一部の川では
この子鮎を釣ることが許されています。

その旬が梅雨時なのです。

私は、豪快な海での沖釣りもしますが
琵琶湖北部ののどかな風景の中で釣るこの繊細な子鮎釣りが大好きで
何よりも子鮎が最高に美味しいのです。

子鮎といっても全長13〜15cmくらいあり、
時々追い星が入るサイズのものもありますが
成魚前のもので毎年、1000匹以上は釣り上げます。


これで150匹くらいです。

その日に釣った子鮎の天ぷらはもちろん、
一番好物はたっぷり山椒の実の入れた子鮎煮です。


入りきらないので二つのお鍋で作ります。


捕れたての鮮度の良い子鮎に山椒の実を惜しげもなく入れ作る子鮎煮きは
まさに梅雨時の自然の恵みですね。


最高です!


2011年04月27日

京都幼稚園大型門扉

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

今回も京都での物件ご紹介をしようと思います。

ここは東山七条というところ。
東山通りと七条通りが交差する場所で、
南北通り名を並べて地名(住所)とする京都独特の呼称です。


秀吉を祀った豊国神社、三十三間堂、智積院、清水寺、国立博物館等々、
周囲には京都でも特に有名処が数々点在している場所です。

この地から少し山側へ向かい、石段を560段上ったところに、
豊国廟(ほうこくびょう)があります。
豊臣秀吉公の墓所ですね。


この豊国廟への参道の左右に京都女子学園が点在しています。
幼稚園から始まり、付属小学校、中学校、高校、短大、大学、大学院と
中学校以上は女子校となっています。

これだけの学校が集まる中にある参道ですので、
朝夕は女子の園になってしまいます \(^o^ )/
この理由から京都人は豊国廟参道のことを「女坂」と呼んでいます。

学校の出身者としては中村玉緒、元社会民主党党首の土井たか子、 
直木賞作家の山崎豊子などなど。
かなりご年配の方が多いと気付いてしまいました。。

さて、この京都女子学園の幼稚園移転新設工事にてアルミ鋳物メーカーの
傳來工房がお仕事を行いました。


設計は類設計、施工は松井建設。


意匠としては他学校(大学や高校)のデザインを踏襲しています。
サイズは幅4500mmの両開きで高さは剣先まで2100mm有ります。
枠は見付け40mm、見込み50mm。
中央の意匠と合わせて一体鋳造品としています。


これは塗装前のアルミ鋳物です。


ご覧のシンボルマークは京女の象徴である
藤の花を蝶にアレンジしたもの。
卒業生がデザインされたとの事です。

幼稚園のマークもアルミ鋳物で一体で鋳造を行っています。


4月、桜のもとピカピカの園児達がこの門をくぐって
学びにやって来ているの姿を思い浮かべてしまいました。

2010年11月30日

アルミ鋳物製個人邸門扉

アルミ鋳物メーカーの傳來工房ではポーチ門扉として
「格子コレクション」ハンマートーンシリーズを展開してきました。

もともとマンション向けに販売をしており、今までに各デベロッパー様、
設計事務所様の方からのご支持を得てロングセラー商品となっています。

非常にベーシックな縦横格子、或いは縦格子の門扉なのですが、
戸建用としても密かに人気となっているのです。

今回も戸建門扉としてご使用された例を紹介します。
ここは兵庫県の芦屋市。

東が田園調布なら西は芦屋と言うくらい、
関西では超高級住宅地の代名詞になっています。

この芦屋市の中でも超超高級として名が通っている場所が
六麓荘町(ろくろくそうちょう)です。
名前の由来は「六甲山の麓にある別荘地」との事らしいです。
入居するのにはかなり厳しい審査があるようです。
また400岼焚爾悗諒筆が出来なかったり、
マンションや商店は建設できなかったり。。。

さて、この地でアルミ鋳物メーカー、傳來工房のロングセラーである、
「格子コレクション2」ハンマートーン仕様がご使用されました!!

設計者の方がシンプルなデザインの門扉で建物にそぐう重厚感のあるものを。
しかも価格も重要なファクターとした門扉を探されていて、
たどり着いて下さったのが「格子コレクション2」ハンマートーンです。

勝手口等2ヶ所でご使用頂きました。

縦格子でモダンなデザインに合うスッキリしたデザイン、
且つ、見込みがあって重厚感を十分に出せる格子コレクション2ハンマートーン。

格子コレクション2の詳細ページです!
http://www.denraikohbo.jp/kcollection2/resuits.htm

是非、一度お試しを!

2010年03月28日

女子美

大型デザイン門扉などを専門とする
京都の傳來工房専務の橋本昇です。

少子化が猛スピードで進み
「こども手当て」で国民の声が賛否両論の中、
私学学校法人の経営も荒波の時代が来ている。

全国にある私学女子短大もこの10年間に
ほとんどが4年制や男女共学に移行、統合された。

今回は、そんな厳しい環境にも
時代に適応する独自性を発信し続ける
歴史ある私学の名門女子大の仕事ご紹介します。

先週土曜の早朝、
桜が咲き始めている神奈川県相模原市の
通称《じょしび》
正式には、「女子美術大学」へ行ってまいりました。


《ブロンズ銘板》 鋳作 傳來工房


明治に開校されていた東京美術学校(現東京芸大)は、当時男子校であり、
美術を志す女学生の為に、1900年「私立女子美術学校」として開校された。

現在、私立の美術大学の中でも最も歴史がある大学です。

1990年にこの相模原校が開校され、
その正門の大型門扉製作をわれわれ傳來工房がお手伝いをいたしました。


《正門大門扉 製作施工 傳來工房》


モダンなキュービックの意匠をモチーフを
H鋼を使いガッシリとと作りこみました。



特に、格子の入り隅溶接部のディティールは、
現在見ても当時の傳來工房の仕上げ職人達の
こだわりや技術の高さよくわかります。

撮影後、正門横の守衛室の方に
この門扉の使い勝手についてお聞きしたことろ
日常の開閉動作には、20年経っても全く問題ないと嬉しいお声が聞けた。

特に厚手のH鋼による約2トンほどの門扉重量についても
「これくらいの重さがないと強風や防犯上、必要ですよ」と
力強いお言葉も大変ありがたかったです。

《小門扉 製作施工  傳來工房》


これから各種法人や施設の統合時に、新しい顔となる正門。

特に大型意匠門扉のご計画には、ぜひ経験豊富な傳來工房にご相談ください。

専門担当が、丁寧にお手伝いさせていただきます。

2009年12月17日

アルミ鋳物居宅門扉

アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

師走も押し迫ってきて、とってもさぶい日が続いています!
街中はクリスマスムードでいっぱい。
子供からはウィッシュリストがお父さんサンタへとうとう届いてしまいました。
財布もさぶくなる季節です。。。

さて、今回は前回に引き続き、住居への門扉実績シリーズです。
アルミ鋳物メーカー、傳來工房の所在地、京都市内での施工例をご紹介しましょう。

まずはオーダー門扉から。

このあたりは皆様ご存知かと思いますが、アルミ鋳物ならではの
造形性の良さを生かした門扉ですね。

オーダー対応ですと、その場所にしかない完全オリジナルとして
お好きなデザイン、サイズにてご提供できます。
ただし、それなりのご予算は必要ですが。。。

ここ最近、マンション用門扉にちょびっとだけ改造を施して居宅用として
納品させて頂く機会が増えてきました。

ちょびっと改造というのは、掛け金を施錠タイプにしたり、幅を増やしたりとなります。

ちょびっとを少し超えれば、電気錠を仕組んだり、Hを2000mmにしたり、
格子の中にレリーフなんかもオリジナルではめ込んだり出来ます。

居宅用では「格子コレクション2」というハンマートーン仕様の門扉が
シンプル、モダンな家のデザインと非常に相性がいいのです。

シルエットで見せる鋳物とは違い、見付けこそ10mmですが、
見込みは枠部分で30mm、格子部分でも20〜25mmをとっており、
ぶ厚さがドッシリと伝わる商品になっています。

今回ご紹介したのは京都市内のお宅ですが、
他の都道府県でも同様にお使いいただいている商品です。

各資料を御希望の方は今すぐメールを!
Sugimura_osa@denrai.co.jp

2009年11月24日

アルミ鋳物製特注門扉(個人邸)

アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

さてさてやって来ました、ここは大阪府堺市。
高級住宅街として名が通る地域です。

この地でアルミ鋳物メーカー、傳來工房にお声を掛けて頂き
今回製作した商品が門扉です。

以前から個人邸様には数々の特注門扉を手掛けてきました。
既存木型を使用したン十万という門扉から、
新規デザインを提案し、木型を新調して製作した特注門扉まで、
幅広くご対応をしてきました。

その中の門扉でもかな〜りハイクラスな門扉を今回承りました。

個人邸様なので、全景は少し控える事に致します。

ご覧のように縦格子の門扉を新調木型にて製作を致しました。


門扉サイズはW2300mmの両開き、
高さは門扉本体だけで2200mm有ります。
ヒンジ部にはオートヒンジを使用し、鍵は当然の事ながら電気錠です。


各縦格子の大きさですが、奥行を43mmとシッカリ取る事により、
重厚感、重量感のある門扉に仕上がっています。


同様のデザインにて勝手口にも片開き門扉を設置しました。


またバルコニーにはこれまたアルミ鋳物製の特注プランターを製作、施工です!


聞くところによれば建物だけですうおくえん!との事。
室内も少し拝見しましたが、石、石、石。。オンパレードです。
不況不況と言いますが、知恵を磨けば大豪邸も可能なんですね。
頭に汗せねば。。。

2009年09月24日

京都府立植物園

デザインアルミ鋳物メーカーの傳來工房専務の橋本昇です。

京都のお洒落な通りの代表として《北山通り》が語られて久しい。
しかしお洒落なブティックやスイーツショップが連なる風景は、
他の町にも良く見る風景。

やはり北山通りのセンスある雰囲気の貢献は、
鴨川から東に広がる京都植物園に違いない。

この京都植物園の正門は北大路通りにあるが、

今やこの北山通りに面する《北山門》が大部分の来場者を受け入れている。


その北山門の顔となる《デザイン大門扉》をわれわれ傳來工房が製作納入した。


写真門扉全景


《アルミ鋳物製デザイン大門扉》
材質:アルミ鋳物合金製 仕上:アクリルウレタン塗装

《アルミ鋳物製デザイン大門扉アップ》

意匠は、伝統的な洋風唐草だ。

主張し過ぎないバランス感のある意匠門扉として完成度が高い。

そして近くで見ると無垢の約80mm以上の肉厚に重厚さを感じる。

それと思い出したが私の大好きなデザインベンチも傳來工房で鋳造し納めている。

《アルミ鋳物製デザインベンチ》

こんなお洒落なベンチは、ヨーロッパでもなかなか見かけない。

デザインは、フラットベンチタイプとアーム付きがある。

特にアーム付きベンチには
この爽やかな秋の季節、好きな本をもって座り、独り占めしたくなりそうです。

《余談》
このデザインベンチは、地元ライオンズクラブ様が何年かに渡り
京都府植物園に寄贈設置されたものです。

府民の為の、素晴らしいお手伝いをさせて頂きました。
本当にありがとうございました。

《アルミ鋳物製時計塔も、もちろん傳來工房・作です。》

2009年04月27日

芦屋の超高級マンション

アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

関西地方で高級住宅街と言えば。。 
真っ先に思いつくのが「芦屋」です。
思い起こせば遥か昔、彼女と芦屋豪邸ツアーなどと銘打って
すんばらしい門構え、デカい石垣を見に行った事ありました。

さて、今回はその芦屋でマンションのお手伝いをした施工例の紹介をします。


Brillant芦屋というマンションで
外構のアルミ鋳物門扉、フェンスを製作しました。
設計は現代計画研究所
施工は鹿島建設


建物外装は緑色がかかっている大理石仕上げ。
門扉には艶消しの黒、そしてマンション名を刻んだレリーフに金色を使っています。


レリーフのデザインは凝ったものですが、門扉デザインがシンプルですので
全体として高級感を出しながら瀟洒にまとまってるように見えます。
駐車場専用の門扉は電動門扉となっています。

キャストのフレームは30×60と十二分なボリュームにて構成されており、
ムクの重厚感バッチリです。

門扉の上のアーチも鋳物にて製作してグレード感をアップしています。


タイトルでも記したように全部で5戸の超高級なマンションになっており、
各住戸前のポーチ門扉もアルミ鋳物にて製作をしました。
こちらは各住戸それぞれ違ったオリジナルデザインの門扉を設置しています。
こんなのとか。。

こんなの。。


さすが芦屋!

2009年02月19日

学校法人公文学園/公文国際学園

アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。

ここは神奈川県横浜市。
公文式という学習方法の創始者である公文さんがこの学校を設立されたとの事です。



設計は日建設計、施工は東急建設。

この建築で傳來工房がお世話になったのは
アルミ鋳物製門扉、そしてフェンスです。



まずは門扉ですが、フレームをH鋼で組み、
アルミ鋳物の幾何学デザインに合わせつつ、強度面をも考慮をしています。
アルミキャストのパネルは前後で300mm離して2枚合わせとしています。
非常にシンプルなデザインですが、見る角度で表情が変わります。



ディテールにもこだわりが
有ります。
戸車ですが、通常は正面から見える門扉が多いですが、
この門扉では内側に隠すように仕込まれています。

フェンスを留める為のボルト、ナットは全て側面にて埋め込み
意匠性を高めています。



寸法としては様々なサイズにて各部位を製作していますが、
デザインを統一する事により、VE(バリューエンジニアリング)となります。

一番大きな木型を標準として製作するのですが、
小さいパネルにも兼用が出来るように予め設計をしておきます。
大きさが変わるから2型、3型必要なのでは??と思いがちですが、
アルミ鋳物メーカーの傳來工房に一度ご相談をしてみて下さい!

2008年10月13日

ノーベル賞と傳來工房?

意匠アルミキャスト(鋳物)、ブロンズキャスト専門メーカーの
傳來工房専務の橋本です。

米国サブプライムローン問題が発端となった世界同時金融不況の暗い話題の中、
先日、われわれ日本人にとって大変明るいニュースがありました。

ノーベル賞の日本人4人受賞ニュースには、本当に驚きました。

物理学賞3名、科学賞で1名、計4名の先生方がこの栄誉に輝きました。
おめでとうございます。

その中でひときわ異彩を放っておられたのが益川敏英先生。


(益川先生写真)

その益川先生が現在教鞭を取られているのが今回紹介する京都産業大学です。

ここに私の好きな建築があります。

京都産業大学図書館

設計:日建設計 施工:鹿島建設

横には、名門「京都ゴルフ倶楽部」(戦後では日本初の新設ゴルフコース)※1
があり、豊かな緑に囲まれた環境にこの図書館があります。

この入り口のアルミ鋳物製デザイン門扉を我々傳來工房がお手伝いしました。

正倉院の校倉造りを引用された建築にマッティングするよう、
梨地模様を付けたドッシリとした角格子のアルミキャストを一体鋳造しました。

伝統と現代を感じさせる程良いバランスの意匠門扉に仕上りました。

(門扉写真)


色々な学校法人の門扉をお手伝いしてまいりましたが
意匠、構造、機能共、完成度の高い仕事でした。

関係者の皆様に感謝しております。
ありがとうございました。


《追記》

ここの図書館報「Lib」に早速、益川先生の《特別寄稿》が掲載されました。

ぜひ、お読みいただき益川先生の独特の感性を感じてください。


とにかく逸話が絶えない益川さんは大の英語嫌いで海外に渡ったこともなく、
パスポートも持っていないらしい。受賞式の後のコメントにも目が離せません。

今、思い出しましたがこの「傳來工房の仕事」を交代で書いている
当社の杉村課長は、ここの京都産業大学のOB!

しかも、益川先生の苦手な英語は、なんとTOEIC 875点!!

これは、あまり知られていない傳來工房の秘密です。

《話の付録》
※1 京都ゴルフ倶楽部

このコースは戦後直後、当時の京都にいた進駐軍の責任者が大のゴルフ好きで
上賀茂神社(現在、世界遺産!)の領地に無理やりつくった。
かなり、もめたらしい。当然だ。

その名残りが、IN17番ショートホールにある。

ティーグランド横の小さい囲いにある木が神事で最も重要な上賀茂神社の
御祭神が天から降りて来られる「御阿礼所(みあれどころ)」なのです。


なんと、京都三大祭の奈良時代から続く「葵祭」の祭前神事は、
この17番ホールそばで早朝、プレー前にひっそりと行われるのであります。

2008年09月26日

京都地方裁判所(門扉、フェンス)

アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。
9月に入ってから傳來工房では複数の物件が重複し慌しくなってきました。
近々に順次ご紹介していきたいと企み中です。

さて今回の探訪物件は「京都地方裁判所」です。
京都御所の真南に位置しており、7〜8年前に改築をされました。


設計は最高裁判所の営繕。
施工は大成建設JV(1期工事)、山崎組(2期工事)。


アルミ鋳物メーカーの傳來工房で外構のフェンスと門扉を製作しました。
まず門扉ですが、一見シンプルなアルミ鋳物格子デザインの門扉に見えます。
真中のアルミ鋳物格子はパネル状でスチール枠の中に押し縁にて留め込んでいます。
ただ枠にも梨地のアルミ鋳物がご覧いただけるでしょうか。


これはアルミ鋳物の梨地平パネルを製作、カットして枠にビス留め、
というデザインになっています。
ビス跡はパテ処理を行い、塗装を施しています。

さて次はアルミ鋳物製フェンスです。


高さは600mm、支柱間ピッチは約2000mmです。
枠サイズは見込み40mmとしており、かなりシッカリした造りです。
通常では支柱は型材を使用するのですが、今回は60mm角のアルミ鋳物としています。


支柱とフェンスの納まりがスッキリしており大変綺麗です。
実は1本の支柱とフェンスを一体鋳造しています。
支柱のもう一方の面にはスリットが付けてあり、
横に来るフェンスを差し込み出来るように設計をしています。
アルミ鋳物だから出来る支柱一体鋳造です。

これから紅葉を迎え、御所が綺麗になって行きます。
プラプラと散策が気持ち良さそうですねぇ。

2008年06月15日

神戸税関保存再生

アルミ鋳物専門メーカーの傳來工房専務の橋本昇です。

母の墓のある高台寺さんにお墓参りに行くと
近くの坂本龍馬や中岡慎太郎のお墓にも時々寄ります。

しかし幕末の志士達は、倒幕をもくろんだ攘夷派だけではなかった。

日和見の多い徳川幕府側にも将来の日本を見据えた人物がいた。

軍艦奉行 勝 海舟(かつかいしゅう)


写真(勝 海舟)

海舟が将軍家茂に海外と対等に付き合うために海軍の必要性を説いた話は
有名だ。海舟の素晴らしいのは、そのために海軍の人材を育成する学校の
提言をしたことだ。

それが「神戸海軍操練所」として文久3年(1864)に開所された。


写真(神戸海軍操錬所)

明治維新後、
この建物が解体されこの地に明治6年神戸税関(神戸運上所)が建築された。


写真(初代神戸税関)

当時の神戸村住民は、「異国情緒たっぷりのなんとハイカラな建物」と
思ったことでしょう。

その後、大正時代に消失し昭和2年にその地に現在の神戸税関が出来た。

写真(現在の神戸税関)

神戸税関保存再生 設計:日建設計・建設省近畿地建  1999年

阪神大震災の影響もあり傷みも激しく一時は撤去の計画もあったらしいが
地元の強い要望により復元保存することとなった。

われわれ傳來工房は、本格的な意匠門扉をアルミ鋳物でお手伝いした。


写真(アルミ鋳物門扉)

国際都市神戸にふさわしい意匠でシンプルだが風格がある。
神戸港の潮風でもまったく腐食など影響のないアルミ鋳物を素材を使い
京都本社工場で鋳造した。


一般的には門扉は閉めた状態での意匠を重要視されるが、
今回はオープン状態での壁との収まりとディティールに工夫した。

担当設計部長が日建設計の川島克也氏で、そう言えば西陣生まれの
生粋の京都っ子だった事を今思い出した。
アルミ鋳物について高い見識をお持ちの建築家だった印象があり、
しばらくご無沙汰だがお元気だろうか・・


《余談》
神戸税関保存再生の仕事でここに前述の「神戸海軍操錬所」にあったことを知り、
勝海舟のべらんめぇ調の口述書物「氷川清話」を当時読んだ。


独自の国防論を持っていた海舟は、大阪で私塾「海軍塾」を主宰していた。
のちに「神戸海軍塾」となり門下生の中に塾頭として坂本龍馬がいた。

氷川清話には、この龍馬が最初会った時には自分を殺しに来たが
これからの国のあり方や考え方を説き、龍馬が共感し帰った談がある。

凄い。


右から龍馬、勝海舟、武田祐治(操錬所教授)

その後、龍馬を除く多くの塾生がこの新しく出来た幕府直轄の「神戸海軍操練所」
に移った。血の気の多い生徒の暴走や反海舟派の策略もあり、1年足らずで閉鎖
され、海舟も軍艦奉行罷免、蟄居となった。

龍馬には、これが人生の引き金となった。

幕府に失望した塾生達には金も力も何もなかったが国を変革する熱い思いだけで
亀山社中、海援隊を立ち上げ歴史を作っていく。

維新後、海舟の教え子だった陸奥宗光は外務大臣となり、
伊東祐亭は初代連合艦隊指令長官となり明治に活躍した。

しかし、海舟は育てた龍馬の暗殺による死を一番惜しがったに違いない。



写真(神戸税関横の記念碑)

2008年01月26日

長久手のモダン門扉

アルミ鋳物、アルミキャスト専門メーカー
京都の傳來工房専務の橋本昇です。

今回はめずらしく住宅の仕事の探訪です。

長久手(ながくて)と聞くと
すぐに「小牧・長久手の戦い」を浮かぶ人は多いのでは。

名古屋市の東部にあるこの丘陵地で
家康と秀吉が歴史上、大変重要な戦いを行った。


《長久手古戦場公園》


それは当時、秀吉が山崎で光秀を討ち、
つづいて賤ヶ岳で勝家に大勝した翌年に
戦上手で勢いづいている秀吉がこの長久手で家康に破れたのだ。
 

にもかかわらず
家康は二男於義丸を秀吉に養子に出し、
秀吉の天下人を認めた不思議な戦いであった。

それはまさに世論を大事にし、
次の天下を待った家康の真骨頂
「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」か。


約420年の時が過ぎ、この長久手の丘陵も上品な邸宅が建ち並んでいます。
その地でモダンな邸宅のデザイン門扉を傳來工房がお手伝いしました。



設計:《UDA建築設計》


門扉の材質はもちろんVプロ鋳造のアルミ鋳物製。
全体はモダンな縦格子ですが近くで見るとアルミ鋳物でしか出来ない
重厚感ある厚み(枠厚30mm、格子部25mm)と柔らかいハンマートーンに
手のぬくもりを感じる意匠です。



《これは、塗装前のアルミ鋳物の生地ですが表面に
やわらかなハンマートーンのディティールが見えます。》

建築家やデザインナーが角・縦格子を設計される時、
SUSのフラットバーで考えられる事が多いですが
ぜひ一度、アルミ鋳物もお試しあれ。

しかし、問題はコストだ!

と声が聞こえそうです。

ご安心ください。
この門扉は、傳來工房のオリジナルアルミ鋳物門扉
「Kコレクション2」のセミオーダーです。《ちなみにKは格子の意味です》

元々、アッパークラスのデザインマンション専用のポーチ門扉として開発し
大変人気のある門扉ですが、これを2枚上下にガッチリとアルゴン溶接し
溶接部を熟練工が綺麗に彫金仕上げを行い、一体モノとして完成させました。



《2枚の門扉をアルゴン溶接で一体化。強度、意匠とも全く問題ありません。》


したがってアルミ鋳物のネックとなる木型費が必要ありませんので
アルミ鋳物としては大変使い易いコストです。
さらにフリーサイズ対応可能は建築家にとっては使い易い。

この《Kコレクション》にご興味のある方はコチラのサイトへ
           ↓
http://www.denraikohbo.jp/kcollection2/basic.htm

このサイトから格子サンプルも是非ご請求ください。
写真ではイメージ出来ないほどガッチリとした
25〜30mmムクの質感を感じてほしい。

最後にひとこと・・・

軽量(比重2.7 SUSの約1/3)で
錆びることがなく、
意匠性の高い

アルミ鋳物は

あたたかみのある屋外のデザイン門扉やフェンスに
これほど適している素材はないと
《村野藤吾》《フィリップ・スタルク》から私は、直接聞いた事を決して忘れない。

建築家やデザイナーにとって本当に良い素材は、30年前も現代も変わりません。


《余談》
今年からはじまったHNK大河ドラマ「篤姫」 あまり期待してなかったですが
主人公の宮あおいは、22才と若いがいい女優さんですね。


家康から始まった徳川家盛隆の最後、篤姫役の宮崎あおいが
大奥1200人の退城を見届け、江戸無血開城に貢献した結末まで
一年間楽しみが増えました。