メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 香道の仕事 | メイン | 河井寛次郎の仕事 »

2013年05月24日

グランフロント大阪

アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。
今回は前回レポートの続編、グランフロント大阪からです!
4月26日にグランドオープンをしました。


関西初出店の高級ホテル「インターコンチネンタルホテル大阪」(6月5日開業)、
高層オフィスタワー、分譲住宅がそれぞれ
高さ154〜180メートルの超高層ビル4棟で構成されています。
商業施設ではファッションから雑貨、レストランまで全266店舗が出店との事。

さてと、見学に参りましょう。
まずはモアイ像がお迎えをしてくれました!!


実はこのモアイ像、偽物でもなく、プラスチックでもなく、
な、な、なんとホンモノらしいのです。
イースター島の石を使って、イースター島の職人の手で製作されたとの事。
永続設置ではなく、東京、大阪にてお披露目してから
25日に津波で被害を受けた宮城県南三陸町に寄贈されるらしいです。

さて、傳來工房のお仕事は既製品のアルミ鋳物製プランターです。

Cone(コーン)型のプランターで
大きさは高さ900弌一番大きな部分の径で450个任后

2層構造になっており、内側に小さなアルミ鋳物製プランターが
仕込んであります。

南棟(一番大阪駅寄り)の8階デッキにズラッと並んでいます。

またBowl(ボール)型のプランターも有ります。
直径は900φと1200φの大きなアルミ鋳物製プランターです。


さて、今回は特注のアルミ鋳物プランターも作りました。
大きさは底で2800φ、上で1800φで高さは約1000个任后

8ピースのアルミ鋳物パネルを組み合わせています。
目の前で見るとかな〜りデカいです。
カッコいいですよっ!