メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月21日

犬矢来(いぬやらい)

さて、今回の探訪日記は私、杉村が和風建築の部位を
現代建築にて再現した物件をご紹介します。

京都での建築で町家作りという様式が有ります。
その一部で犬矢来(いぬやらい)というものがあります。
見れば、「知ってる!」と思われるでしょうね。


祇園の花街などでよく見かける様式で、
雨の跳ね返りから家の壁を保護したり、
泥棒が塀をよじ登るのを防いだり、と言った役目をしているそうです。
また軒先での「雨宿りご遠慮して下さい」と言う見解も。

京都人の「いけず(京都弁の意地悪です)」な部分でしょうか。。

通常では竹を使って組み上げて行くのですが、
設計担当者から傳來工房にお声が掛かると言うことは。。
当然にアルミキャストで再現となります。

さて、ここは大阪の南の方。
瓜破(うりわり)斎場です。
設計は日建設計。

外構のフェンス、及び電動大型門扉にて「犬矢来」をイメージした
デザインを現代風にアルミ鋳物で製作をさせて頂きました。

門扉はW7000mm×H1300mmの電動片引き戸が2ヶ所あります。
戸袋部をデザイン同じでフェンスにしています。

テクスチャーは少し大きめの梨地です。
それぞれの桟はW40mmでRを1700程度にしています。
シンプルな曲線が非常に綺麗に映えています。

この門扉の横にはこれまた同じデザインで直立のフェンスも
併せて製作しました。


竹シリーズは他にもこんなんを作っています。
同じく門扉とフェンスですが、こちらは節目を表現して、
より竹に似せたデザインになっています。

アルミキャストの表現力の自由さを存分に設計に反映された
事例です。

瓜破斎場のほうはお時間有れば是非覗いて下さい!
(と、軽く言える場所ではないのですが。。。)

2007年11月17日

フィンランドからの訪問者

アルミ鋳物、アルミキャスト専門メーカーの
傳來工房専務の橋本昇です。

今回は、京都工場見学の来客紹介です。

皆さんフィンランドと言えば何をイメージされますか?



ムーミン!そうですね。

その遠いムーミンの国フィンランドから11月9日に
はるばる京都の傳來工房へ、イカツイ男性5人が来られました。

目的はデザイン性の高いアルミ鋳物やそのアルミ鋳造技術の研修視察です。

左から
タンペレエ工科大学鋳造研究所  K1格闘家のような風格のペレッカ先生
     同               海賊髭のやさしいボスのマロ先生
ラハティ応用科学大学        上品な紳士のニエミネン副学長
スタジオ・コジマ(フェンランド在)今回のコーディネイターのデザイナー児島宏嘉先生    
タンペレエ工科大学    有名FIレーサーと同姓のハンサムなハッキネン先生   
      
会社説明後、工場視察に入り特に建築意匠アルミ鋳物工程について案内。

2.6m×1.8mの約1.5トンの砂が1秒で固まり、
フィルム一枚でその砂型が持ち上がるVプロセスを見学し
彼ら全員、唖然、信じられない様子。


工場見学途中に、急に ニエミエン副学長が私にひそひそ・・・

内容は傳來工房のデザインアルミ鋳物フェンスを
ヘルシンキを窓口にロシア、バルト三国に売れば
絶対に成功すると盛んにオファー。

念の為、他の教授に聞いたところ、
全員が「ここの意匠アルミ鋳物は北欧で売れる!」の声の大合唱。
ほんまかいなぁ〜。

理由を聞くと「錆びない、意匠性が高い、軽い。」
とうも、現在もフィンランドには、アルミ鋳物による
デザインフェンスというカテゴリーがなく、
デザイン的なものは、ロートアイアンか鉄鋳物だけらしい。


事務所に戻り、デザインスタッフ席で今年入社した
新人の岡田(京都芸大卒)の華麗な?C・G操作にウットリの様子。



アルミ鋳物工場視察後、ミーティングで興味深い話を聞いた。


日本と同じく第二次世界大戦敗戦国となったフィンランドは、
復興国策の中に工業デザインを取り入れた世界でも稀な国家であること。

その後、デザインを絡めたハイテク産業を基幹とする工業先進国として
著しい変化を遂げることに成功した話があった。

そういえば携帯電話の生産量が世界1位ノキア(NOKIA)や
世界中に広がりつつあるOSのLinuxなどなど・・・。

話が盛り上がった帰り際、
私より1つ年上のニエミネン副学長(1954生)から

「レベルの高い木型原型力と それを具現化する高度な鋳造技術にも驚いたが、
品質向上の為に 全社員で実践されている環境整備活動に特に関心を持った。」

と感想があった。



傳來工房スタッフもムーミンの国の副学長からお褒めの言葉で喜びも倍増!

専務の橋本昇からのメッセージです。
フィンランドより近い日本国内の皆様へ

ぜひ、京都の紅葉と合わせ、傳來工房工場見学のご計画を!

女性スタッフ共々、喜んでお迎えいたします。
イカツイ男達もニコニコ!



《最近の工場見学企業のご紹介です!》

.┘ステリア明日香様  11月7日 8名来社
愛知県豊橋市にある全国でもトップクラスの住宅ガーデンデザイン設計施工企業の皆さんです。


▲織ヤ造園様 11月12日 5名来社
フィンランドとほぼ同じ面積、人口の北海道からお見えいただきました。
本社が札幌市にあり、名門の造園企業さんです。
デザイン的なガーデンエクステリア事業を札幌市を中心に積極的に展開されています。


皆さん、ご遠方よりご来社頂き本当にありがとうございました!