メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2013年04月 | メイン | 2013年06月 »

2013年05月31日

河井寛次郎の仕事

京都の傳來工房専務の橋本昇です。

先月、京都新門前の古伊万里骨董の老舗である
戀壺洞(れんこどう)の友人店主から
NHK日曜美術館で河井寛次郎の特集がある連絡がLINEであった。


今回番組で取り上げれた寛次郎の仕事は、
新しい寛次郎を知る上で貴重な番組内容でした。

新しい寛次郎とは、
今まで作品にはなかった様々の釉薬を散りばめられた「球形」の作品が
あるコレクターが初めて世に出したことから始まる。

これについて河井寛次郎記念館のキューレーターをしている
やはり友人の鷺さん(寛次郎の実孫)が新しい寛次郎の世界を
わかりやすく解説していた。


この作品が作られたと思われる同時期に
寛次郎の貴重な木彫の仕事があります。

今回は、そのブロンズ鋳造の傳來工房の仕事の紹介です。


材  質:ブロンズ(青銅鋳造)
仕上げ:青銅鉄錆発色オハグロ仕上げ
鋳 作:傳來工房


この作品は本来、壁に掛けるレリーフとして作られたものですが
ブロンズ鋳造すると重量が約10kgにも及ぶため
丁度、鷺さんとこのブロンズ作品を置く台座の件でお会いし
相談していたところだったので驚いた。

金魚のような宇宙人。

何か怖いようなそれでいて可愛げのある表情は
地球上には存在しない。

寛次郎は陶芸だけではなく、木彫、金工など色々な素材を使い
寛次郎独自の世界を送り出したが
今回の宇宙的な作品は内面的な心の世界の双方を
作品から感じられる。

《余談》 お時間があれば

ブロンズレリーフの台座を鷺さんから紹介してもらった
木彫工藝作家に頼んだ。
寛次郎のブロンズがどっしりとした無垢木にようやく
落ち着いた。


2013年05月24日

グランフロント大阪

アルミ鋳物メーカー、傳來工房の杉村です。
今回は前回レポートの続編、グランフロント大阪からです!
4月26日にグランドオープンをしました。


関西初出店の高級ホテル「インターコンチネンタルホテル大阪」(6月5日開業)、
高層オフィスタワー、分譲住宅がそれぞれ
高さ154〜180メートルの超高層ビル4棟で構成されています。
商業施設ではファッションから雑貨、レストランまで全266店舗が出店との事。

さてと、見学に参りましょう。
まずはモアイ像がお迎えをしてくれました!!


実はこのモアイ像、偽物でもなく、プラスチックでもなく、
な、な、なんとホンモノらしいのです。
イースター島の石を使って、イースター島の職人の手で製作されたとの事。
永続設置ではなく、東京、大阪にてお披露目してから
25日に津波で被害を受けた宮城県南三陸町に寄贈されるらしいです。

さて、傳來工房のお仕事は既製品のアルミ鋳物製プランターです。

Cone(コーン)型のプランターで
大きさは高さ900弌一番大きな部分の径で450个任后

2層構造になっており、内側に小さなアルミ鋳物製プランターが
仕込んであります。

南棟(一番大阪駅寄り)の8階デッキにズラッと並んでいます。

またBowl(ボール)型のプランターも有ります。
直径は900φと1200φの大きなアルミ鋳物製プランターです。


さて、今回は特注のアルミ鋳物プランターも作りました。
大きさは底で2800φ、上で1800φで高さは約1000个任后

8ピースのアルミ鋳物パネルを組み合わせています。
目の前で見るとかな〜りデカいです。
カッコいいですよっ!