メニューページ ブロンズ・アルミキャスト ディーズガーデン 傳來工房の家 会社案内 工場紹介 サイトマップ お問合せ
ブロンズ・アルミキャスト

ブログトップ

« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月30日

アルミ鋳物製 ボラード

今回の「傳來工房の探訪日記」ですが、
カタログ商品である可動式のアルミ鋳物製「ボラード」に
新たな実績が東西の要点に加わりましたのでご紹介を。

まずは、東京です。
森ビルで有名な森トラストが運営をしている
虎ノ門の「森トラストガーデン・トラヨン」です。


都会のど真ん中で、新しいビルが着工するまでの
期間限定で複合施設としてオープンしています。
シアターやフットサルのコート、カフェ等が点在しています。


この施設の入り口に鎮座するのがアルミ鋳物製「ボラード」です。
業者さん以外の車が入らないように設置。


女性でも簡単に可動出来ますので、納品時にはヒョイと移動です。

ビアガーデンも有りますので、寄って、見て、触って下さい!!


さて、次は西へ行きましょ。大阪です!
中之島フェスティバルタワーと呼ばれ、
朝日新聞社と朝日ビルディングが主体となって、
去年の暮れに竣工した200mを超すオフィスビルです。
音楽ホールのフェスティバルホールも建替えと共に新しくなりました。

アルミ鋳物のボラードは1Fのパーキング部に設置して頂いております。

柱間に2台づつ、合計10台がズラッと並んでいます。


そして、地下駐車場への入り口部に、これまた5台。


こっちから撮ったり。。
周囲のグレードに綺麗にはまっています。


アップにしてみたり。。


大阪及び近郊の方! 是非ご覧ください!


さて、アルミ鋳物メーカー、の傳來工房のホームページから
ご覧のボラード、そしてアルミ鋳物製プランターや
アルミ鋳物製ポーチ門扉等のカタログがダウンロード可能に
なりました!

下記のURLからお入り下さい!!
http://www.denraikohbo.jp/bronze/download.html

2013年07月10日

祇園祭 長刀鉾

デザインアルミ鋳物、ブロンズ鋳物専門メーカーの
京都傳來工房専務の橋本です。

本日京都では、この夏最高の外気温41℃を確認しました。


《外気温 41℃》

本来ならこの暑さは、7月17日の祇園祭の山鉾巡行後に梅雨明けし、
夏到来となる時にくる暑さですが今年はなぜかペースが速いですね。

さて、いよいよ来週の祇園祭のメインイベントというべき
山鉾巡行に向け、鉾建て(ほこたて)が始まりました。

《長刀鉾 鉾建て》

ご存じのように祇園祭は、約1000年前から疫病祓いを目的に
続いている日本三大祭りの一つです。

その祇園祭でも象徴となるのが「長刀鉾(なぎなたぼこ)」です。

《長刀鉾 全姿》


それは、基本的に巡行する順番はくじで決められますが
1000年前から常に先頭の「くじ取らず」として存在し、
この鉾が四条麩屋町のしめ縄を切らない限り
ほかの鉾は巡行できない「しきたり」があるからです。

名前の由来は、最上部の矛先に疫病を切り落とすといわれる
大長刀(おおなぎなた)をつけているのでこの名で呼ばれています。

われわれ傳來工房はその長刀鉾の
コンコンチキチの点鐘・鳴り物(なりもの)を古くから納めております。



《点鐘・鳴り物》


この鐘を製作した証、
《伝来 鋳》の文字も彫り込まれています。

テレビなどニュースで
祇園祭のコンコンチキチの音色が聞こえましたら、
ぜひ傳來工房の音色もお楽しみください。