株式会社傳來工房

社長ブログ

社長ブログ

市民憲章

梅雨入りとは思えないお天気が続きます。

如何お過ごしでしょうか?

昨日、昨年に引き続き京都市民憲章推進者表彰を受賞いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

私は、所用があり表彰式には出席できませんでしたが、門川京都市長から直々に

表彰を受けたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

旧知の前原誠司衆議院議員や、内山修南区長からもお祝いのメッセージをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

社員共々20数年間取り組んできた環境整備活動にご評価をいただきました。

感謝、感謝です。

全人

爽やかな日が続きます。

如何お過ごしでしょうか?

全人教育を看板にしている玉川学園は私の母校です。

全く勉強はしなかった、劣等生ですが

卒業後は、京都支部の同窓会会長を引き受けたり、

工場実習を、受け入れたりして、今も関わりを続けています。

玉川の卒業生や関係者に送る、「全人」という雑誌が発行されています。

それに「玉川の先輩を訪ねて」という、コーナーがあります。

そのコーナーに私をと、恩師のN名誉教授が推薦して下さったそうです。

取材依頼があったとき、私のような劣等生が取り上げていただく資格があるのかと

躊躇しましたが、夢を持ち続ければ、零細企業の親父くらいは務まるよと、

同じ劣等生に少しの励みにでもなればとお引き受けしました。

取材を受けて懐かしい写真や当時の状況を思い出し、胸いっぱいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都府事業引継ぎ支援センターセミナー

急に夏になったかのような暑い日が続きます。

如何お過ごしでしょうか?

先日このブログに書いたセミナーが、5月22日(月)に京都商工会議所で

開催されました。

京都府内の事業所の代表者は2016年度で

70代以上が45.9%を占めており、後継者難による休廃業が

今後増える恐れがあると言います。

その為、京都府事業引継ぎ支援センターが相談窓口を設けたり

関連セミナーを開催したりしていくそうです。

その第1回講師にお呼びがかかり、行ってまいりました。

83名もの受講者が集まり、参考になるか心配したのですが

セミナー後のアンケートによると、

①大いに参考になった 48.8%

②参考になった 41.8%

と非常に好評だったみたいです。

京都は中小企業の街です。

中小企業が活性化しないと、京都の未来はありません。

このセンターを大いに活用してもらいたいものです。

バラが咲いた

気持ちの良い季節となりました。

如何お過ごしでしょうか?

私の子供のころ、マイク真木の歌う「バラが咲いた」が大ヒットしました。

下手なギター片手に、鼻歌を歌いながら悦にいっていたのを恥ずかしながら思い出します。

今年も、Dea’sGardenの庭にバラが咲き始めました。

 

 

甘い香りがしてきて、幸せな気分になります。

思わず、バラが咲いたを口遊んでしまいます。

事業承継セミナー

気持ちの良い晴天が続きます。

昨日は、私が会長を任されている京都南ロータリークラブの、

ゴルフ同好会のゴルフコンペでした。

スコアはともかく、爽やかな1日でした。

京都商工会議所、京都府事業引き継ぎ支援センター事務局主催の

平成29年度第1回事業承継セミナー 『一族親族への承継への留意点』

~同族一族への承継を考えるポイントとは~

6月22日(月)18:30~20:30京都商工会議所2Fにて開催されます。

参加費は無料です。

恥ずかしながら、私も講師の1人として参加いたします。

父親から引き継ぎ22年、2年後に弟にバトンタッチ予定

7年後に娘婿にと準備してきたことを話してほしいとのことです。

中小企業の存続は地域社会の未来につながります。

同じ悩みをお持ちの方に少しでも参考になれば幸いです。

新入社員

丁度桜が満開です。

昨夜を含めて、会合の後三日程、夜桜を楽しめました。

円山公園の夜桜見物は、寒い中赤毛氈の桟敷の上で

震えながら生ビールを飲んで風邪をひいてしまいました。

今年も4人の新入社員が入社してきました。

元気よく毎朝、環境整備活動をやってくれています。

勿論、素手でトイレ掃除も笑顔で実行しています。

一日も早く戦力として活躍してほしいのですが、

入社1ヶ月は、朝から退社時まで環境整備だけを行います。

今までの経験上、1ヶ月後には学生気分が抜け、社会人の心構えが

芽生えていく様です。

良い会社に勤められてよかったと言ってもらえるように、社長として

頑張らなければなりません。

「環境整備」現地研修

まだまだ肌寒い日が続きます。如何お過ごしでしょうか?

昨日38名の参加で、「環境整備」現地研修が傳來工房で開催されました。

日本経営開発協会と関西経営管理協会の主催です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この研修会も、今回で15回目となりました。

当初はこんなに続くと思っていなかったので驚きです。

参加料が一人34,560円しますので、参加者も真剣です。

通算で50人ぐらいの社員を、受講させている会社もあります。

それだけ環境整備を、社内に定着させたいという社長の熱い思いを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

会社見学1時間半、私の講演と質疑応答で1時間半あるわけですが、

幸いこちらの熱意も伝わっているのか、この見学会もまだまだ続きそうです。

今年は、6月22日、7月25日、9月13日が、開催予定です。

環境整備を社内に根付かせたい社長は、是非ご参加してください。

感謝

二三日暖かったと思えば今日はだいぶ冷え込んでいます。

三寒四温しばらくこういった日々が続きます。

くれぐれも体調には気を付けたいものです。

 

2月いっぱいで、53年間傳來工房に勤務されたMさんが退職されました。

傳來工房では、退職日に社員全員が集まり、花束を贈呈し、社員全員の手で作った

アーチの下をくぐるのが習わしとなっています。

今回出張で参加できなかったので、昨夜夕食に招待し

思い出話に花を咲かせました。

中学卒業後、鋳造現場一筋。

技術的には、傳來の宝物のような存在です。

68歳ですが見た目はまだまだ若く、せめて70までと引き留めたのですが

まだ元気なうちに幕引きをしたいとのことでした。

それでも、必要な時はいつでも言ってもらえれば顔を出してくれると

言うことなので、快く皆で送り出しました。

 

10年ぐらい前、夢の中に白髭を生やした仙人のような老人が出てきました。

私に、『お前の夢は何だ?』と聞いてきました。

しばらく考えたのち、『社員が定年退職を迎えた時、良い会社に勤められて良かったなーと

しみじみ言ってもらえる会社にすることです。』と答えました。

そうするとその老人は、ニヤッと笑って消えていきました。

それ以来その言葉を実現すべく会社経営をしてきました。

 

食事の後、Mさんが『良い会社に勤められて幸せでした。』と言ってくれました。

思わず涙が出るほど嬉しかったです。

まだまだゴールは遠いですが、より良い会社にするべく頑張りたいと

新たに決意しました。

 

退職セレモニーの様子
退職セレモニーの様子

 

プレジデントオンライン

日本全国大雪が降るみたいです。

今夜会合があるので、夜帰れるかどうか心配です。

経営コンサルタントの酒井光雄先生が、プレジデント オンラインで

連載されています。

今日配信されたそのコラムに、傳來工房のディーズガーデン事業の記事を載せていただけました。

ご覧いただければ、幸甚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://president.jp/articles/-/21273

誤解だらけの京都の真実

寒い日が続きます。

今、京都市内でも小雪が舞っています。

如何お過ごしでしょうか?

滋賀県ご出身で、東京大学法学部を卒業後、通産省に入省し

在職中に超エリートが集まる、フランスの国立行政学院(ENA)に留学し

退職後は作家、評論家として活躍中の八幡和郎さんが

2016年12月15日に、「誤解だらけの京都の真実」を出版されました。

たまたま、私の友人がこの本を読み、『傳來工房が載っているぞ』と教えてくれました。

確かに僅か数行ですが、紹介していただいていました。

八幡さんとは、古い知り合いで家も今はご近所にお住まいです。

京都経済同友会で、教育問題研究委員会で私が委員長を務めた時も

アドバイザーをお願いして提言書をまとめたこともあります。

しばらくお顔を拝見していませんが、お元気そうで何よりです。

京都を知り尽くした著者の書いた本ですので、京都を深く知りたい方には、

必読の本です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ