株式会社傳來工房

社長ブログ

社長ブログ

カントリーフェスタ

朝晩の気温が、大分下がってくるようになりました。

気候の変わり目、皆様体調管理に気を付けてください。

先週、10月25~26日まで、八ヶ岳の麓の、山梨県清里、萌木の村でカントリーフェスタが開催されました。

2000年からスタートし、今年14年目を迎えるそうです。

今では、山梨県で最大の人を集めるイベントとなったようです。

主婦と生活社から発売されている、私のカントリーの読者を中心にカントリーライフに憧れる人たちが、

大勢参加されます。

今回、初めて主婦と生活社の役員と萌木の村の社長の勧めもあって出展させていただきました。

Dea’s Gardenの来春発売予定の、ディーズパティオを中心に展示させていただきました。

二日間で、二万人を超える集客がありましたが、弊社ブースにもたくさんの来場者で賑あいました。

感謝。

清里1 清里2

清里3 清里4

経営計画書

長期優良住宅認定の京都の工務店の橋本です。

少し秋らしい風が吹くようになってきました。如何お過ごしでしょうか?

毎年10月に全社員が参加して経営計画発表会を開催します。弊社は10月決算の為、

来期が始まる前に、経営理念、経営哲学、経営基本方針の確認と次年度の方針を発表します。

取引金融機関の役員や支店長もご招待します。

また、一緒に経営を勉強した経営者仲間も参加してくれます。

ここしばらくは、来春入社予定の新卒の学生も呼んでいます。

脂汗をかきながら、脳みそに汗をかいて、精魂込めて作成した経営計画書を

全出席者に配り、ホテルの会場で開催します。

経営計画書を作成するようになって20年以上が経過しました。

それまでは、深い考えもなく出した数値計画だけしかありませんでした。

バブル崩壊し、業績が落ち込む中、これではダメだと模索している中で巡り会ったのが,

故一倉定先生の書籍でした。その中に経営計画書は魔法の書と書かれていました。

自分の求めていたものはこれだと確信し、貪る様に本を読みながら、未熟な経営計画書を作り上げたのを懐かしく思い出します。

それから、経営計画書策定セミナーなどに参加しながら、

また、そこで知り合った経営者仲間の教えを乞いながら、今の形へと進化させてきました。

まさしく魔法の書でした。

経営計画書があったからこそ、会社を作り替え、環境整備も軌道に乗り、

何よりお客様第一を実践できる会社に進化させる事が出来ました。

運も実力のうちと言います。

まさしく一倉先生の書籍に出会ったのが私の経営者としての最大のラッキーでした。感謝。

日本経済新聞朝刊(平成26年9月9日号)

少し秋を感じさせる日々となりました。

如何お過ごしでしょうか。

本日、発売の日本経済新聞の35面、『検索 個性派企業』に傳來工房を取り上げていただきました。

明後日、下京優良法人会の会員の皆さんの会社見学を受け入れますので、

たいへんタイミングの良い事前準備となりました。

感謝。

 

日経新聞

 

 

韓国生産性本部

梅雨が逆戻りしたかのような日々が続きます。

如何お過ごしでしょうか?

先日の韓国生産性本部よりの、弊社見学会の様子はこのブログでお伝えしました。

今回掲載させていただいたのは、その際の見学者のアンケートですが、ある意味日本人以上の反応があるように思います。

歴史問題での韓国の反応を見ていると、とても理解しあえる国とは思えませんが、不幸な歴史が政治利用されているだけで

良識ある一般の韓国人は日本人と価値観が共有できる可能性を見たような気がします。

韓国①a 韓国②b

 韓国③c 韓国④d

このページの先頭へ